ここから本文です

長寿の秘訣は「酒を慎むこと」ほとんど酒を飲まなかった毛利元就の飲酒論【戦国武将の健康術】

サライ.jp 6/12(日) 20:50配信

毛利元就(1497~1571)は、安芸(広島県西部)の小領主から身を起こし、中国地方のほぼ全域を手中にした名将である。75歳という当時としては相当な長寿を全うしたが、元就はその秘訣を「酒を慎むこと」としている。元就の祖父、父、兄はいずれも20代もしくは30代で亡くなっており、元就は彼らの死因を酒の飲み過ぎと考えていた。その教訓からか、元就はほとんど酒を口にしなかった。

元就の長男・隆元は、後継ぎという圧力に疲れ、ときおり酒をあおっていたが、元就は、「酒で気晴らしすることなどあってはならない」と諫(いさ)めている。また孫の輝元が酒を飲み始めるようになると、その母親に、「大きな器で2杯も飲めば、人はいける口と思って酒を強いるもの。小さな器で1、2杯程度にとどめるよう内々に忠告してほしい」と手紙を送っている。

ただ、元就は適度な飲酒が健康によいことも知っており、家臣には酒の効用を聞かせたうえで飲ませた。また、下戸には餅を与えて、「酒など飲めなくてもよい」と説いたという。人の健康にも気を配る、紳士的な戦国武将であった。

文/内田和浩

最終更新:6/12(日) 20:50

サライ.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。