ここから本文です

ポグバ獲得には史上最高150億円でも足りない!? ユベントスがレアルにクロース放出も要求

Football ZONE web 6/12(日) 12:22配信

スペイン紙が報じる イタリア王者がポグバ代役にクロースを指名

 レアル・マドリードはサッカー史上最高額となる移籍金1億2000万ユーロ(約150億円)で、ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバの獲得を狙っているが、どうやらそのためには天文学的な移籍金にプラスして、ドイツ代表MFトニ・クロースも手放さなければいけないようだ。スペイン地元紙「マルカ」が報じている。

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

 各国のスーパースターをかき集め、銀河系軍団を作り上げてきたレアルが今夏にターゲットとして定めたのは、フランスで開催中の欧州選手権(EURO)でも主役候補の一人となっているポグバだ。現時点では2013年にレアルがトットナムからウェールズ代表FWギャレス・ベイルを獲得した際の9974万ユーロ(約125億円)が史上最高といわれているが、スペイン地元メディアでは、ポグバにはそれを上回る150億円を提示しているとレポートされている。

 しかし、ユベントスはこの驚異的なメガオファーを提示されても、首を縦に振らないようだ。ピッチ全体で圧倒的な存在感を誇るポグバにとって代わる選手を要求しており、マルカ紙は「レアル・マドリードがポグバと契約するなら、ユベントスはクロース獲得を望む」との見出しで報じている。

 ユベントスのスポーツディレクターであるファビオ・パラティッチ氏が高く評価するクロースは、バイエルン・ミュンヘン育ちで、ブラジル・ワールドカップ優勝後の14年夏に3000万ユーロ(約38億円)でレアルに加入。中盤のつなぎ役として“白い巨人”に不可欠な存在となっており、ウェールズ代表MFギャレス・ベイル、フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが組む3トップ「BBCトリオ」へのお膳立てはもちろん、前輪駆動型のチームにあって攻守のバランスを取れる貴重な存在だ。

ジダン監督が信頼を寄せるキーマン

 ドイツが生んだ冷静沈着なゲームメーカーはクロアチア代表MFルカ・モドリッチとの相性も良く、今年1月からチームを率いるジネディーヌ・ジダン監督はコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスをベンチ要員にしてでも、ふたりの起用を優先したほど信頼は厚い。

 クロースは96年大会以来のEURO制覇を目指すドイツ代表メンバーに選出されており、12日にはグループリーグ初戦のウクライナ戦に臨む。欧州最強国決定戦の舞台でクロースが安定したプレーぶりを見せれば、ポグバ獲得に燃えるレアルのフロレンティーノ・ペレス会長も頭を悩ませる事態となるかもしれない。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:6/12(日) 12:22

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。