ここから本文です

ナイジェリア、元代表監督が相次いで死去。ケシ氏に続いて2人目

フットボールチャンネル 6/12(日) 14:00配信

 ナイジェリア代表を率いた経験のある58歳のシャイブ・アモドゥ氏が、突如亡くなった。11日に英メディア『BBC』が報じている。

 同メディアによると、アモドゥ氏は金曜日に胸の痛みを訴えていたが、その後に息を引き取っていることが確認されたとのこと。死亡原因は明かされていないものの、心臓発作の可能性がある。

 アマドゥ氏は、2002年W杯と2010年W杯前にナイジェリア代表を率いて、チームを本大会出場に導いていた。これまでに6回チームを率いた経験を持っており、ナイジェリアでは広く名が知られている。

 実は、この数日前の8日には、元ナイジェリア代表監督のステファン・ケシ氏が心臓発作のため亡くなっていた。2014年W杯ではチームをベスト16に導いており、“ザ・ビッグボス”の愛称で知られている。わずか数日間の間に、ナイジェリア国内で不幸が続いた。

フットボールチャンネル

最終更新:6/12(日) 14:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。