ここから本文です

ベイル、自慢のFKで“10年前の奇跡”を再現「特別で思い出に残るゴールだ」

フットボールチャンネル 6/12(日) 20:10配信

 レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルが自慢のフリーキックで“10年前の奇跡”を再現した。11日に英メディア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 EURO2016が現地時間の10日に行なわれ、ウェールズとスロバキアが対戦。芸術的なFKを決めたベイルの貢献もあり、EURO本大会に初出場したウェールズが2-1で歴史的な勝利を収めている。

 ウェールズは、前半の10分にフリーキックを獲得すると、そこからエースのベイルがボールを直接ゴールネットに突き刺した。61分にオンドレイ・ドゥダがゴールを決めてスロバキアが追いついたが、81分にハル・ロブソン=カヌが勝ち越しゴールを決めている。

 勝利に浸るベイルは「まるでホームゲームみたいだったよ。僕らのサポーターは世界最高なんだ」と喜びを語ると、「本当に嬉しいね。特別で思い出に残るゴールになったけど勝つことが大事だったんだ」と興奮して語った。

 ベイルのこのゴールは、まさに運命付けられていたものだったのかもしれない。2006年に代表初ゴールを決めた時の相手もスロバキアだった。その上、その時のゴールもフリーキックから決めたものであり、そのゴールがウェールズ代表の最年少得点記録となっている。

 あの無名時代から10年が経った今、絶対的エースとして、キャプテンとしてチームをEUROで歴史的な勝利へと導くベイル。「最高で信じられないほどの滑り出しだね。これからも戦い続けて行こう」。このウェールズ代表の運命は、彼次第だといっても過言ではないだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:6/12(日) 20:59

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。