ここから本文です

スペイン代表の元エースが願うEURO3連覇 「ブラジルの“亡霊”から立ち直る力はある」

Football ZONE web 6/12(日) 23:30配信

ラウールが後輩への期待と初戦の重要性を語る

 レアル・マドリードの伝説的なエースであり、元スペイン代表FWのラウール・ゴンザレス氏が、欧州選手権3連覇に臨むスペイン代表について初戦の大切さを強調している。イタリアのサッカー情報サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」が、ラウール氏のコメントを報じている。

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

「まずはスペインが2008年と12年に連覇したこのタイトルを、守ってくれることを強く願っているよ。決勝まで進んでほしいと思っているし、できればそこで勝ってほしい。もし実現すれば、それは歴史的なことだろう」

 ラウール氏は、自身が去った後のスペイン代表が連覇したこのタイトルを守ることを強く願っている。そして、失望に終わった14年ブラジル・ワールドカップの記憶を払拭するためにも、大会への入り方が最も重要になると語った。

「2年前のスペイン代表は失望を残したし、良い戦いをしたとは言えなかった。だが今は、そうした“ブラジルの亡霊”から立ち直るだけの力は取り戻しているはずだ。もし、初戦で大会に良い入り方ができたならば、スペイン代表はこの大会を長く戦うことができるはずだ」

 決勝までにはグループリーグ3試合を戦い、さらにトーナメントを4試合勝ち抜く必要がある。最大7試合を戦えるかどうかは、初戦に大きな比重がかかっているという。スペインは13日にチェコと大会初戦を戦う。その重要な一戦で、3連覇を狙う無敵艦隊は元エースの期待に応えることができるだろうか。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:6/12(日) 23:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。