ここから本文です

ハワイの秘境、ラナイの魅力

Forbes JAPAN 6/12(日) 8:00配信

ハワイの島々には、いたるところにトロピカルな楽園への入口がある。しかし他に類をみない真のパラダイスといえば、ラナイだろう。



マウイ島からほんの14kmほど離れただけのところに位置するが、ラナイは一昔前のハワイに逆戻りさせてくれるかのような、まさに別世界だ。人口は少なく、360平方kmの島にある舗装道路は50kmのみ、ガソリンスタンドもひとつしかない。そこにあるのは、砂漠のような大地から海洋保護区に指定された美しい海にいたる見事な景観だ。

「ここではピュアなハワイを独り占めできます」と語るのはフォーシーズンズ・リゾート・ラナイの支配人、トム・ローレンスだ。「この島ではリゾートのありとあらゆるアクティビティを、混雑することなく楽しむことができるのです」

私有地であるこの島を特別な存在にしているのが、この新しいフォーシーズンズ・ラナイだ。我々フォーブス・トラベルガイドがラナイを2016年のおすすめ旅行先に挙げた理由もそこにある。

数百万ドルを投じた総改装も終わり(一部は今後も続行)、このホテルがラナイでの体験をドラマチックなものへと変えた。ここでは、旅のあらゆることを提供してくれるから、滞在期間中いつでもハイレベルのサービスが約束されている。それはホテルの敷地から離れたところにいても同じだ。

マウイ島から45分間フェリーに揺られてこようと、小さな滑走路がひとつしかないラナイ空港に到着しようと、フォーシーズンズの迎えの車が待っていて、リゾートまで運んでくれる。

しかしこのお迎えスタッフは単なるドライバーではない。このアンバサダーがチェックインをしてくれ、コンシェルジュとなって、滞在中のすべての取りつぎを賄ってくれるのだ。慣れ親しんだアンバサダーが側にいてくれるというのは、一味違う素敵なもてなしだ。

「我々はここにひとつの目的地を造りたかったのです。他にはないユニークなこの地で、訪れる人々にすべてを体験してもらいたい」とローレンスは言う。

島内を散策したければ、ホテルのレンタカーを利用できるから、面倒な手間もかからない。また数々のアクティビティはどれもフォーシーズンズのクオリティで提供される。

姉妹ホテルであるフォーシーズンズ・リゾート・ラナイ・ザ・ロッジ・アット・コエレの展開も実にエキサイティングだ。静かな奥地に佇むこのホテルは、スパやウェルネスサービスを受けられるスポットとして今年末にリオープン予定。本館とあわせて一体感のある経験ができる。

1/3ページ

最終更新:6/12(日) 8:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

なぜ今? 首相主導の働き方改革