ここから本文です

豊田が豪快ダイビングヘッド弾! 鳥栖が6戦ぶり勝利に沸く一方で、5戦未勝利の名古屋に罵声

SOCCER DIGEST Web 6/12(日) 7:00配信

豊田のダイビングヘッド弾で名古屋を沈める。

 J1リーグは6月11日、第1ステージ15節の9試合を開催。パロマ瑞穂スタジアムで行なわれた名古屋対鳥栖の一戦は、アウェーの鳥栖が1-0で勝利した。

J1リーグ 順位表

 リーグ戦4試合勝利から遠ざかっている名古屋と同じく5試合勝利のない鳥栖は、ともに悪いチーム状況を断ち切れないままこの一戦を迎えた。
 
 試合は、立ち上がりにセットプレーのチャンスを活かした鳥栖が幸先よく先制点を挙げる。6分、CKを得ると富山のライナー性クロスに合わせたのは豊田。豪快にダイビングヘッドを放ち、ゴール右に突き刺した。

 先制された名古屋は先発に起用された川又とシモビッチの2トップが機能せず、うまく攻撃を組み立てられない。

 鳥栖の1点リードで迎えた後半は、名古屋が川又に代えて磯村を投入する。シモビッチが1トップ、磯村がボランチ、田口がトップ下に入る布陣に変更した。そのトップ下に移動した田口が機能する。

 80分、名古屋は決定機を迎える。後方からのパスをシモッビチが落とし、田口が左足でシュート。ボールは林に阻まれ、こぼれ球に永井が詰めたが、先に林に処理され、得点を奪うことはできなかった。

 鳥栖は守護神の林を中心に名古屋の猛攻を耐え抜いた。結局、1-0で鳥栖が勝利し、リーグ戦6試合ぶりの勝利を挙げた。一方の名古屋は、これでリーグ戦5試合未勝利。試合終了後にファンが不満を表わし、スタジアムには罵声が飛び交った。
 

最終更新:6/12(日) 7:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。