ここから本文です

「右か?」「足、震えてるよ」のヤジにも心乱されず。鈴木優磨が絶対の自信でPKを突き刺す!

SOCCER DIGEST Web 6/12(日) 13:23配信

「100パーセント、決める自信があった」。

 ボールを携えてPKを蹴る準備をしていると、浦和の選手からヤジが飛ぶ。
 
「右だろ、右か? 右だな」
「大丈夫? 足、震えてるよ」
 
 しかし、鈴木優磨はまったく動じない。そもそも、右か左に蹴るか、本人も分からないのだから、心が乱されようがない。
 
 本当は、PKのキッカーは自分ではなかった。でも、「自分が取ったPK。なにより、100パーセント、決める自信があった。その自信があるのに、譲るのはおかしいと思ったので、自分が蹴りたいと言いました」。
 
 PKには絶対の自信があった。助走で一回、止まる。そうすると、GKは必ずどっちかに動くもの。GKの足しか見ていない。それで、GKが動いたのと逆のほうに蹴り込む。
 
 だから、右か左かどっちに蹴るか分からなかったし、雑音も気にならなかった。
 
「あれだけ言われて、きれいに決められたから、気持ち良かった」
 
 技術の高さと、ハートの強さ。途中出場の若きアタッカーが勝負を決定づける大仕事をやってのけた。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:6/12(日) 13:23

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革