ここから本文です

興梠がリオ五輪のオーバーエイジについて言及。“約3秒間”の沈黙に込められた真意は?

SOCCER DIGEST Web 6/12(日) 1:14配信

「よく考えて決断したい」と打診を認める? 招集への今後のポイントを整理する。

[J1・1stステージ15節]浦和0-2鹿島
6月11日/埼玉スタジアム2002


 浦和レッズのFW興梠慎三が鹿島アントラーズ戦後、リオデジャネイロ五輪のオーバーエイジの有力候補者に挙がっていることについて言及した。
 
 スポーツ紙で3人に絞られたとして、興梠の名前が大々的に報じられた。その件について試合後、興梠は質問が来ることをある程度想定していたようで、次のように答えた。
 
「そのように名前が挙がることは光栄で、嬉しいことです」
 
 そこで3秒ほど、時間が空いた。ひと呼吸を置いて、次のように続けた。
 
「ただ、僕は浦和レッズの一員であることを大事にしているので、よく考えて決断をしたいです」
 
 以前に候補者に挙がった際には「それはない」ときっぱり否定していただけに、招集の余地は生まれたと言えるか。ただ、その沈黙の3秒に、彼の複雑な胸中の想いが込められている感じもした。
 
 興梠は過去2年、シーズン終盤に怪我を負ったことで彼らしいパフォーマンスを発揮し切れず、悔しい想いをしてきた。タイトルを獲得できずにいることへの責任を痛感しており、今季に懸ける想いは強い。
 
 では、今後はどのような点が招集へのポイントになるのか整理したい。
 
 日本サッカー協会からクラブと興梠のもとに、なにかしらオーバーエイジに関する打診は来ていると見られる。また「OAを含め1チーム原則3人まで協力し合うことになっている」と話すJリーグの原博実副理事長は、浦和のOBでもあり、クラブはオーバーエイジ招集に関して無碍に拒絶せず、話を聞く考えはあるようだ。
 
 ただし、五輪招集メンバーはリーグ戦第2ステージを最大5試合ほど欠場しなければならない。浦和のミハイロ・ペトロヴィッチ監督はDF遠藤航とMF関根貴大を夏に欠くことを想定しトレーニングを積んでいることを認めていただけに、チーム最多得点のエースまで抜かれるとなれば“誤算”に違いない。フロントと現場を結ぶ山道守彦強化本部長、そして現場を司る指揮官が果たして招集を認めるかどうかも焦点になる。
 
 浦和としては、フロントが日本協会やJリーグに対しておよび腰になり、ペトロヴィッチ監督が矢面に立たざるを得なければならない――というような、クラブ内に衝突が起きることだけは避けたいところ。クラブ内での見解はひとつにまとめて、対応したい。
 

1/2ページ

最終更新:6/12(日) 3:35

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。