ここから本文です

中村航輔に思わぬ試練!? PK献上の場面は「ベストな判断」

SOCCER DIGEST Web 6/12(日) 3:10配信

並の選手であれば、失点したらその場の判断を嘆くはずなのだが。

 リオ五輪代表候補のGK中村航輔に思わぬ試練が訪れている。
 
 J1第1ステージ15節の仙台戦。1点のリードを許していた柏は、攻勢を強め仙台ゴールを狙いにかかる。その矢先だった。仙台のMF奥埜が守備陣の一瞬の隙を突いて裏に抜け出す。オフサイドギリギリの完璧な動きで、GKと1対1の場面になった。

 そこに立ち塞がったのが、柏のGK中村だった。奥埜の放ったシュートを身体にぶつけてこれを阻止。頼れる守護神がまたも優れた判断を見せ、ピンチを救ったかに思えた。
 
 しかし、中村が弾いたボールは、エリア内まで攻め上がっていた仙台の富田のところへ。スピードに乗っていた富田のドリブルを防ごうと、続いて中村は富田の進路に懸命に手を伸ばしたのだが、一歩遅かった。その手が富田の足にかかり、PKを献上してしまう。
 
 そのPKをR・ロペスに決められ追加点を許すと、そのままタイムアップの笛を聞いた。
 
「相手がドリブルを選択してきて、PKを狙いに来た。あの局面ではベストの判断で対応した。ただ相手のほうが一枚上手だった」
 
 中村は試合後、PK献上の場面をこう振り返った。並の選手であれば、失点したらその場の判断を嘆くはずなのだが、中村は違った。“ベストな判断”と自身の判断力に並々ならぬ自信を持っていた。その強心臓ぶりに大物感を感じた。しかしその後、「遅れたわけではなかったけど、相手が身体ごとひっかかりに来た。駆け引きの段階で負けてしまったので、次は気を付けたい」と反省の言葉も述べた。
 
 中村のミスで痛い追加点を許したのは事実だが、この日はチームとしても出来が良かったとは言えない。中村が「仙台の固いブロックの前に決定機も作れず、良くないゲーム内容だった」と口にすれば、中山は「自分たちの良い流れの中で点を取り切れなかったし、逆に耐えきることもできなかった」と語る。つまり、ボールを保持してはいたものの攻め手に欠け、結果的に仙台の術中にはまったということだ。

 5節のFC東京戦から続いた連勝時は、その5試合すべてで完封。そのことからもわかるように、チームの勝敗は守護神の出来に少なからず左右される。中村はチームを再び連勝街道へ導けるか。そして、さらに自信を深めてリオ五輪に羽ばたけるか。
 
 ACL出場を狙うチームにとっても、リオ五輪を目指す中村にとっても、ここが正念場となりそうだ。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:6/12(日) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。