ここから本文です

【EURO2016展望】速攻の破壊力で勝るポーランドが北アイルランドを圧倒する!?

SOCCER DIGEST Web 6/12(日) 11:00配信

攻撃力でポーランドが相手を凌駕する。

EURO2016
グループC1節
6月12日(日)/18:00(日本時間:25:00)/ニース
ポーランド×北アイルランド
主審:オビディウ・ハツェガン(ルーマニア)

【EURO2016選手名鑑Web版】総勢552人の写真、データ、寸評を完全網羅!

【注目ポイント】
●ポーランド自慢の速攻が抜群の機能性をキープ
●主砲の欠場が濃厚な北アイルランドは攻撃力の大幅ダウンも

【試合展望】
 ポーランドが優位と見て間違いない。グロシツキ、ブワシュチコフスキの両翼によるスピーディーな突破から、最後はエースのレバンドフスキ、あるいは上昇株のミリクが仕留める自慢の速攻が、抜群の機能性を維持しているのだ。

 その切れ味は、出場53か国中最多の33ゴールを叩き出した予選で証明した通り。プレミアリーグで活躍する猛者が並ぶ北アイルランドの屈強な守備陣は確かに厄介だが、ハマればそれを打ち砕くだけの破壊力を秘めている。

 一方で、懸念されるのが守備ブロック。CBグリクの相棒がいまだ定まらず、連携面に少なからず不安を抱えているのだ。相手はトレーニング中に負傷した得点源ラファティーの欠場が濃厚で、攻撃力の大幅ダウンが予想されているとはいえ、このレベルの戦いでの連携ミスは致命傷に繋がりかねない。

 その意味でもポイントとなるのは、クリホビアクを中心とした中盤からの組織的なプレッシングだろう。予選で実践したように最終ラインをきっちりプロテクトしつつ、敵の攻撃の起点となるトップ下のデイビスの自由を奪えれば、優位に試合を進められるはずだ。攻撃力では敵を凌駕するだけに、展開次第では思わぬ大差がついても不思議はない。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:6/12(日) 19:02

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。