ここから本文です

【J1第1ステージ】浦和の自力Vが消滅…。猛追撃の鹿島、そして川崎の優勝条件は?

SOCCER DIGEST Web 6/12(日) 16:30配信

浦和にとってはなかなか厳しいミッション。

 いよいよ大詰めを迎えたJ1・第1ステージ。残り2節となり、その覇権争いは上位3チームに絞り込まれた。川崎(勝点34)、鹿島(勝点33)、浦和(勝点27)が激しく争うが、6月11日にホームで鹿島に敗れた浦和の自力優勝が消滅。浦和は15節を終えて消化試合が川崎と鹿島よりふたつ少ない(13試合)とはいえ、現時点で主導権を握っているのは川崎だ。
 
 暫定1位の川崎が最短で優勝する可能性は、6月18日。18日の福岡戦に勝って勝点を〝37″に伸ばすのが最低条件だ。引き分け以下では他会場の結果に関係なく、首位は確定しない。
 
 川崎の優勝が決まるのは、川崎が福岡戦を制したうえで、暫定2位の鹿島が神戸に敗れ(残り1試合で勝点33)、さらに暫定3位の浦和が15日のG大阪戦、18日の広島戦を1勝1敗(残り2試合で勝点30)以下で終えた場合だ。
 
 浦和はつまり、ここからの2試合を最低でも1勝1分けで乗り切らないといけないということになる。前節までリーグ戦で3試合続けて白星から見放されている現状からすると、なかなか厳しいミッションのようにも映るが、果たして……。
 
 もっとも、川崎も胡坐をかいてはいられない。鹿島との勝点差はわずか1。仮に福岡戦で引き分け、鹿島が神戸に勝てば、両者の立場は逆転する。アドバンテージを携えて17節の大宮戦に臨むためにも、川崎は福岡戦で白星を掴みたい。
 
 

上位3チームの今後のスケジュールは?

 ここからは上位3チームの15節までの成績と今後の対戦相手をチェックする。
 
1位(勝点34) 川崎フロンターレ
●第1ステージ成績(15節終了現在)/10勝4分1敗 29得点・13失点
●今後の対戦スケジュール
6/18(土) 福岡(A) 19時キックオフ
6/25(土) 大宮(H) 19時キックオフ
 
 前節の横浜戦は完封勝利と勢いを継続。福岡戦は早い時間帯での先制点が鍵を握りそうだ。
 
2位(勝点33) 鹿島アントラーズ
●第1ステージ成績(15節終了現在)/10勝3分2敗 25得点・9失点
●今後の対戦スケジュール
6/18(土) 神戸(A) 19時キックオフ
6/25(土) 福岡(H) 19時キックオフ
 
 リーグ4連勝中と波に乗っている。柴﨑が最終局面で仕事をするようになってきたのは好材料だ。この勢いで、神戸と福岡も粉砕するか。
 
 
3位(勝点27) 浦和レッズ
●第1ステージ成績(15節終了現在/13試合消化)/8勝3分2敗 18得点・8失点
●今後の対戦スケジュール
6/15(水) G大阪(A) 19時キックオフ
6/18(土) 広島(A) 19時キックオフ
6/22(水) FC東京(H) 19時半キックオフ
6/25(土) 神戸(H) 19時キックオフ
 
 鹿島に敗れて一気に苦しくなった感も。昨季の年間王者・広島、年間2位のG大阪を相手に連勝できれば、逆転優勝への希望の芽は膨らむはずだが……。
 
 
 

最終更新:6/15(水) 12:08

SOCCER DIGEST Web