ここから本文です

セビージャで成功するためには? 清武に捧げる〝あのアタッカーの金言″

SOCCER DIGEST Web 6/12(日) 17:00配信

「ひとつ確かなのはスペインでは思っていた以上に…」(乾)

 では、そんな乾がリーガで成功するための条件として挙げたのは?
 
「(コミュニケーションで)自分から話しかけられないという部分で難しさを感じます。ただ、監督からの指示は通訳やドイツ語ができるコーチに教えてもらっているので、大きな問題はありません」
 
 コミュニケーションではないとすると?
 
「ひとつ確かなのは思っていた以上にスペインでは守備が求められる。ここでは攻撃さえできれば評価されると思われがちですが、実際はそうではなくて、守備もこなせないと使われない」
 
 清武はドイツでの4シーズンでハードワークを身に付けているはずだ。誰とでも合わせられる利便性もあるだけに、セビージャで躍動できる可能性は十分にある。
 

清武に求められるのはまずオフェンス面での貢献だが…。

 6月10日(現地時間)、清武のセビージャ移籍がクラブ間で合意に達した。契約期間は4年で、ハノーファーからの移籍金は約650万ユーロ(約8億円)という。
 
 メディカルチェックをパスすれば、晴れてセビージャの一員になる。ハノーファーで培った経験、得た自信を胸に「競争が待っているのは分かっている。そういう場所を臨んだのは自分なので。空いていれば、10番を付けたい」とポジティブにコメントしていた。
 
 26歳という年齢を考えれば、良いタイミングで移籍に踏み切ったと言える。キリンカップで大きな存在感を示し、ここからのさらなる成長が非常に楽しみ。清武がヨーロッパリーグ3連覇という偉業を成し遂げたセビージャで如何なるパフォーマンスを見せてくれるかは、大いに気になるところだろう。
 
 ちなみに、15-16シーズンはコパ・デル・レイで準優勝したセビージャも、リーガ・エスパニョーラでは7位に終わっている。アウェーでは0勝9分け10敗と、勝負弱さを露呈。勝ち星に恵まれなかった要因のひとつが、コノプリャンカ、ジョレンテ、インモービレら昨季に加入したアタッカーが低調だった点だ。
 
 バルセロナやレアル・マドリーの総得点に比べると、セビージャのそれは約半分の「51」。もちろん守備面にも改善の余地はあるが、昨季のハノーファーで5得点・6アシストを決めた清武にまず求められるのはオフェンス面での貢献だろう。
 
 ここで耳を傾けたいのが、清武と同じくドイツからスペインに新天地を求めた〝あのMF″の言葉である。昨夏にフランクフルトからエイバルに移籍した乾は、シーズン途中のインタビューでこう答えていた。
 
「(ドイツにいた頃よりも)楽しいですよ。ボールは来ますし、遣り甲斐がある。上手い選手もたくさんいて、ここまで本当に充実している。ドイツでも良い経験をさせてもらいましたが、やっぱりスペインが良いです」
 
 その言葉どおり、リーガでサッカーを楽しんだ乾はエイバルで3得点・4アシストを決めて1部残留に貢献。鋭いドリブル突破を主武器に躍動して、24節のレバンテ戦では地元紙から「ダイヤモンドの輝き」と絶賛された。さらに、彼はこう続けていた。

最終更新:6/14(火) 15:41

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。