ここから本文です

メインストリートにすら信号機がない 「世界一幸福な国」ブータンの首都

CREA WEB 6/12(日) 12:01配信

Magnificent View #985ティンプー(ブータン)

 谷に沿うように街が広がるのは、ブータンの首都ティンプー。標高2320メートルにあり、朝はご覧のように靄に包まれ、幻想的な景観を見せる。

 かつて、この国の首都は、夏は涼しいティンプー、冬は比較的温暖なプナカと、季節ごとに替わっていた。ここが恒久的に首都と定められたのは1955年のこと。第3代国王、ジグミ・ドルジ・ワンチュクが街の北部に宮殿を建設して以降、徐々に整備が進んだ。

 1990年代後半からは急速な発展を見せ、現在の人口は約10万人。高速道路も開通し、レストランやホテルも並ぶようになった。

 とはいえ、法律によりすべての建物は伝統的な様式であることが定められ、高層ビルは皆無、メインストリートには信号機もない。

 山に囲まれた谷間に立ち並ぶ伝統様式の建物と、行き交う民族衣装の人々。「世界一幸福な国」を自負する国の首都には、ゆったりとした時間が流れている。

芹澤和美

最終更新:6/12(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。