ここから本文です

村山慈明NHK杯が振り飛車について思うこと

NHKテキストビュー 6/12(日) 8:00配信

4月から『NHK将棋講座』の講師を務めている村山慈明(むらやま・やすあき)NHK杯。講座の最後には「村山慈明の序盤は1日にして成らず」と題したコラムを連載しています。6月号は「振り飛車について思うこと」。



* * *



棋士の研究というと、どんな姿を想像しますか? 棋譜用紙を片手に、盤で駒を動かしてはにらめっこ──。そんな光景を思い浮かべる方が多いのでは。



私はというと、パソコンでデータベースの棋譜をカチカチと並べることが多かったですね。振り返ると、もっと実際に盤で並べて、一手一手の感触を手になじませておけばよかったなあ、と思います。


■野球少年だった中学生時代


中学生のころ、奨励会では苦労していました。二段昇段の一局を、確か10回くらい負けたのではないでしょうか。このとき学校では野球部に入っていて、それがきつかったということもあります。



この野球部、最初は「体力づくりをしよう」くらいのつもりで気軽に入ったのですが、練習はハードで、家に帰るともうくたくた。当然、将棋の勉強はおろそかになって成績も伸びず……。とはいえ部活動のある日々は充実して楽しく、いい経験になりました。


■藤井九段との研究会は発見の毎日


藤井猛九段にはずっと将棋を教わっています。研究会に誘われたのは、私が三段に上がったとき。研究会では初対戦から6連敗して、トップ棋士とのレベルの差を感じました。いま思えば、新米三段とよく一緒にやってくれたものです。



角交換型振り飛車といえば、あるとき角交換から△3三桂と跳ねる形になると、藤井九段は「これはいないほうがいいんだよな」と、ひょいっと桂を取り去る仕草。頭の丸い駒が3三の地点にいるのはよくない、という意味です。考えることが違うんだなと、印象に残りました。


■振り飛車は受難の時代。復活の兆しは?


現在は振り飛車を指す棋士が少なく、振り飛車党には受難の時代。藤井九段はよく「振り飛車を応援してください」と言いますが、あれはファンだけではなく、実は棋士にも向けたものなんですね。



ただ、またブームは来ると思います。注目しているのは藤井システム。いまは振り飛車の旗色が悪いとされていますが、新研究でひっくり返るかもしれません。



■『NHK将棋講座』2016年6月号より

NHK出版

最終更新:6/12(日) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。