ここから本文です

「ねこ」と一緒に歩きませんか?

東京ウォーカー 6/13(月) 7:30配信

最近話題のロコモティブシンドロームやサルコペニアシンドーロームは、40歳を過ぎて筋肉量が低下するのが主な原因。予防や改善には有酸素運動が効果的で、簡単に筋力アップができるウォーキングが推奨されている。

【写真を見る】一目で運動効果がわかる 「ねこと歩く」 価格:無料

だが、ウォーキングが体にいいとわかっていても、やっぱり面倒・・・そんな人におすすめのアプリが、「ねこと歩く」(iOS版。アプリのダウンロードは無料で、iPhone5s以降のiPhone端末、iPadAir以降のiPad端末、iOS9以降に対応。Android版も近日リリース予定)だ。これはゲームとヘルスケアを兼ね備えたダイエット支援の歩数計アプリで、画面の中のねこが自分の歩いた歩数と連動して歩く。歩いた距離や消費カロリーが一目でわかり、ねこが歩くたびにコインを獲得。コインで衣装を購入して、自分のねこに着せられる「着せ替え機能」もあり、おしゃれなねこにすることがウォーキングのモチベーションアップにつながる。

また自分の体重や体脂肪率を入力すると、ダイエットのために必要な数値をグラフ表示で確認可能。目標値も設定でき、達成歩数が一目でわかるようになっている。

挫折しがちなウォーキングだが、「ねこと歩く」と一緒なら、かわいい衣装を着せるため自然とウォーキングの機会も増えるはず?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/13(月) 7:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。