ここから本文です

那須高原にビュッフェ&マルシェ型グルメパーク誕生

東京ウォーカー 6/13(月) 10:02配信

栃木県那須高原の人気テーマパーク「那須りんどう湖レイクビュー」の正面ゲート東側に、7月16日(土)に「那須の恵みMekke!ビュッフェ&マルシェ」が誕生する。那須高原唯一の湖を中心に、乗り物、動物、食事、買い物が楽しめる牧場ふれあいランドに登場する、グルメのテーマパークだ。

【写真を見る】レストランは開放的なオープンキッチン(写真はイメージ)

「ビュッフェ」では、那須高原の新鮮な食材をふんだんに使った旬のメニューを、経験豊富な料理人が丁寧に調理してくれる。また、灼熱の炎がわき上がる武蔵窯を採用、牛ステーキをジューシーに、地場産野菜を香ばしく焼き上げてくれる。同店の特徴となる窯は、溶岩石を使用した武蔵窯、パン用のスペイン窯など4種5個が用意される。那須連峰を望む湖面に面したレストランは遊覧船がモチーフ。レイクビューならではの、水の演出も楽しみだ。

「マルシェ」では、那須高原で育った牛から搾った、自家製ジャージー牛乳や乳製品・スイーツを始め、採れたての地場野菜、地元栃木産小麦粉を使いスペイン窯で焼き上げた石窯パンや熱々のピザ、ドイツの伝統的なソーセージなどを販売する。那須高原ならではの美味しさをぎゅっと詰め込んだ、こだわりのマルシェ(市場)となる。【東京ウォーカー】

最終更新:6/13(月) 10:02

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。