ここから本文です

「真田丸」病弱卒業のおこうが女子会トーク!

Smartザテレビジョン 6/13(月) 10:34配信

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)の舞台の一つとなっている群馬・沼田市で、おこう役の長野里美、吉野太夫役の中島亜梨沙、歴史好きアイドル・小栗さくら出演のトークイベントが行われた。

【写真を見る】作中で“病弱キャラ”を脱却したおこう役の長野は“剣豪に斬られる演技を!”というお題で大立ち回りを見せた!

イベントが行われた沼田市は、「真田丸」では大泉洋が演じている真田信幸、そして吉田羊演じる小松姫(稲)らが暮らした沼田城のあった場所で、信幸の子・信吉や小松姫の墓所があるなど、作中で描かれる人物にも縁が深い。

イベントのテーマは“女子会”ということで、会場に集まった160人超の参加者は、全員が女性。ドレスコードの“真田レッド”に合わせて、髪飾りやバッグから手作りの甲冑まで、思い思いの赤を身に着けて会場に華を添えた。

呼び込みを受けて登場した長野は、「おこうを演じている長野里美です。…ゴホゴホッ」とおこうの代名詞ともいえる“咳き込み”を披露。会場からは大きな拍手が沸き起こった。長野は、「(作中では)もう病弱ではないのですが、一応、(咳き込むのは)お約束となっていますので(笑)」と続けて、さらに笑いを誘った。

その後は、司会を務めるNHK前橋放送局の野口沙織キャスターも交えた4人で“女子会”がスタート。お題に従ってトークを展開した。

“おこうにプロポーズするなら?”というお題では、中島と小栗が、おこうの“元夫”信幸になりきって、長野に向かって“再婚”を迫ることに。宝塚歌劇団出身で娘役のスターだった中島だが、ここでは“男役”を思わせる声色で話し始めると「しゃもじは持てなくてもいいから、俺に…“雁金踊り”を見せてほしい」と、予想外のリクエスト。これには長野も「それは、もう忘れよう!(笑)」と大ウケだった。

一方の小栗は、突然背中を向けると「何を言ったらいいのか…無理だ無理だ無理だ!」と作中のせりふを交えて迫真の演技。そのまま長野に近づくと「おこう、ただそばにいてくれないか」と愛の言葉をささやいた。「真田丸」ファンらしい再現度に、長野も「信幸さん、よく、ああいう悩み方されますね!」としきりにうなずいていた。

また、“もうすぐ父の日ですが、(草刈正雄演じる)昌幸にぴったりのプレゼントは?”というお題では、長野がすかさず「毛皮用の消臭スプレーは?」と回答。先日の放送で、秀吉への貢物の毛皮を、石田三成(山本耕史)に「臭いは何とかならんのか」とダメ出しされた昌幸にぴったりな回答に、会場は爆笑。

最後は、長野、中島、小栗が会場に集まった参加者の中から、それぞれ“ベストドレッサー賞”を決定。候補者を探すため、長野らが壇上から降りてくると、参加者たちは工夫を凝らした装いをアピールし、3人は選考に頭を悩ませる。

最後は、最年長の93歳女性、最年少の生後7カ月の赤ん坊、忍者服に身を包んで参加した女の子が選ばれ、女子トークあり、来場者参加型のゲームありのイベントは、大盛り上がりのうちに幕を閉じた。

最終更新:6/13(月) 10:34

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。