ここから本文です

乃木坂46・生駒里奈「20年も先輩」こち亀に出演

Smartザテレビジョン 6/13(月) 10:49配信

乃木坂46・生駒里奈が舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」に出演することが決定した。同作品は「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載40周年を迎える、秋本治原作の国民的人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の10年ぶり5回目となる舞台化。

【写真を見る】婦人警官の麻里愛は小林由佳が演じる

乃木坂46以外の舞台は初挑戦となる生駒は、ストーリーの鍵を握る舞台オリジナルキャラクターである謎の少女・サキを演じる。

生駒は「もともと『ジャンプ』が大好きで、そのご縁で『特捜警察ジャンポリス』(毎週金曜昼5:55-夜6:25テレビ東京系)のレギュラーもやらせていただいてますが、まさか『こち亀』の舞台に出られる日が来るなんて思っていなかったので、とてもうれしいです」と喜びのコメント。

「『ジャンプ』が大好きな一員として、また、40周年という私より20年も先輩の作品の記念公演に華を添えられるように、サキ役を精いっぱい演じさせていただきます! 頑張ります!」と意気込みを語った。

同公演は9月9日(金)から19日(月)に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで、9月23日(金)から25日(日)に大阪・サンケイホールブリーゼでそれぞれ上演される。

最終更新:7/7(木) 21:53

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。