ここから本文です

天守閣復活?佐賀の夜空にプロジェクションマッピング

東京ウォーカー 6/13(月) 18:32配信

佐賀県とクリエイティブカンパニーNAKED(ネイキッド)は、7月18日(祝)から佐賀県庁展望ホールで、九州では初となる夜景プロジェクションマッピングの常設展示「アート・アフター・ダーク in SAGA」を開催する。

【写真を見る】プロジェクションマッピングの第1人者ネイキッドが演出

夜景鑑賞の新スタイルの提案であり、佐賀県の新しい観光名物となる「アート・アフター・ダーク in SAGA」。東京タワー、名古屋テレビ塔、あべのハルカスなど、日本を代表する展望台で「夜景プロジェクションマッピング」を成功させてきたネイキッドが総合演出を手掛ける。佐賀の歴史や文化、象徴的なオブジェクトが盛り込まれた作品「SAGA Night of Light by NAKED」を制作し、佐賀県の夜の風景を背景に、見るものに夜景の新体験を提供する。

プロジェクションマッピングのコンセプトは“佐賀の灯り”。佐賀がまだ海だった頃から、自然豊かな街へと発展していく歴史と、その中で生まれたさまざまな文化が夜空に展開される。クライマックスでは、街に灯った明かりが佐賀の風物詩でもある熱気球となり、空へと舞い上がる。また、佐賀城天守閣が蘇るシーンも見所のひとつだ。

今年の夏は、魅力が格段にアップする佐賀の夜を楽しみたい。【福岡ウォーカー】

最終更新:6/13(月) 18:32

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。