ここから本文です

1000万ドルの夜景とともに楽しむ納涼ビアガーデン

東京ウォーカー 6/13(月) 19:10配信

六甲山観光は、8月の金・土・日・祝日および8月15日(月)に、涼しい六甲山上で1000万ドルの夜景とともに楽しむ「六甲山納涼ビアガーデン」を実施する。

【写真を見る】フライドポテトやフランクフルトなど、ビールと相性抜群の定番おつまみが満載

六甲山は神戸市街地より平均で5~6度気温が低く、身近な避暑地として昔から地元で愛されてきた。そんな好環境の下、六甲ケーブル六甲山上駅すぐの眺望スポット「天覧台」で行う「六甲山納涼ビアガーデン」。眼下に広がる1000万ドルの夜景を眺めながら、生ビールとおつまみで大人の夏遊びが堪能できる。

生ビールは一杯500円、ビアガーデンの定番「山盛りフライドポテト」、「骨付きフランクフルト」が各500円と値段もリーズナブル。窓際の眺めの良い位置にカウンター席、その他のエリアはスタンディング席で、気軽な一杯からワイワイ宴会まで幅広く楽しめる。神戸の美しい夜景が一望の下、大阪湾を囲むように広がる阪神間の夜景から、コンディションが良ければ、紀伊半島の一部も見えるロケーション。

2015年10月9日に神戸で開催された「夜景サミット」において、長崎・札幌と並び、「日本新三大夜景都市」に認定された神戸夜景の素晴らしさを満喫しながら、賑やかに乾杯したい。【関西ウォーカー】

最終更新:6/13(月) 19:10

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。