ここから本文です

ダウンタウンの新・交通ハブに、カラトラバの白い羽

Casa BRUTUS.com 6/13(月) 14:00配信

待望の〈ワールドトレードセンター交通ハブ〉がついにオープン。面積ではペン駅、グランドセントラル駅に続きNYで3番目に大きな交通センターだ。

地下鉄11路線やパストレインなどを結び、商業施設やワールドトレードセンター敷地内のビル群〈9/11メモリアル〉にも接続する。〈オキュルス〉と呼ばれる白い建物は、サンティアゴ・カラトラバの設計。建設には、NY史上最も大きなクレーン2台が使われた。

1日20万人もの人々が往来するこの交通の要所がオープンで軽やかな空間となるようにとの思いを込め、内部は自然光がふんだんで明るく、外観も空へ舞い上がる翼を思わせるデザインに。今後レストランやショップも続々と新設予定。人の流れを変える、一大ランドマークの誕生だ。

〈The World Trade Center Transportation Hub〉

EトレインなどでWorld Trade Center駅下車。オキュルスにはChurch St.側、Greenwich St.側のどちらからでも入ることができる。

text_Mika Yoshida & David G. Imber

最終更新:6/13(月) 14:00

Casa BRUTUS.com

Casa BRUTUS.comの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。