ここから本文です

乃木坂46 齋藤飛鳥、新センター抜擢のインパクト 深川麻衣からも推薦を受ける「実力」を読む

リアルサウンド 6/13(月) 7:00配信

 乃木坂46の齋藤飛鳥が、7月27日にリリースする15thシングルのセンターを務めることが発表された。

 センター発表は毎シングル恒例、レギュラー番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)内にて行われた。6月5日放送週には、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)、『MARQUEE』(マーキー編集部)で齋藤がソロで表紙を飾っており、初センターへの注目度が伺える。

 齋藤は、メンバー内でも随一の小顔の持ち主であり、母親譲りであるハーフの容姿を生かしてファッション方面での活躍が目立っていた。2015年1月にはファッション誌『CUTiE』(宝島社)で初単独表紙、創刊以来初の専属モデルに起用された。その後、『CUTiE』休刊に伴い、ファッション誌『sweet』(宝島社)のレギュラーモデルへ抜擢。現在は、雑誌内で「乃木坂46齋藤飛鳥のFASHION BUZZ」と題した連載を持つほどの活躍を見せている。

 しかし、齋藤がセンターやファッションモデルを務めるまでには、険しい道のりがあった。齋藤は今ではグループに欠かせない選抜メンバーの1人であるが、選抜に落ち着くようになったのは、2015年リリースの11thシングル『命は美しい』以降。10thシングル『何度目の青空か?』までは、幾度もアンダーメンバーを経験してきた苦労人でもある。3rdシングル『走れ!Bicycle』でも齋藤はアンダーメンバーであった。グループ加入当初、齋藤は選抜に対しての思い入れはなかったが、「走れ!Bicycle」初披露時、選抜メンバーがスタンバイするのを、アンダーメンバーが幕で隠すという演出に、幕の裏では笑顔になれず悔しさのあまり涙を流したというエピソードを『乃木坂46物語』(集英社)にて明かしている。

 そこから奮起した齋藤は、「海流の島よ」「扇風機」といったアンダー楽曲にてセンターを務め上げていく。シングル『命は美しい』収録の「あらかじめ語られるロマンス」では、“次世代メンバー”として齋藤と共に期待されていた星野みなみとWセンターを果たした。そんな齋藤に対し誰よりも期待を寄せていたのが、前作『ハルジオンが咲く頃』にて初センターを務め、6月15日、16日に静岡エコパアリーナにて卒業コンサートを行う深川麻衣だ。1期生メンバーの中で最年長(深川)、最年少(齋藤)コンビでもある2人。『乃木坂工事中』(4月24日放送)にて深川は、「まだまだ知られていない飛鳥ちゃんの一面がある! 描く絵が個性的」と齋藤の魅力についてプレゼン。さらに、ファッション誌『smart 6月号』(宝島社)で齋藤とペア掲載された際にも深川は「実は、飛鳥にすごく期待しています。可能性は本当に無限大だと思っているよ。まず、このビジュアル! それに内面もすごく面白いんで、最近は『乃木坂工事中』でもイジられ始めているし、ファッション誌でモデルもやっているし、ラジオも始まったし、とにかく飛鳥は勢いがすごくて」とのコメントを残している。

 卒業する深川からセンターを受け継ぐ形となった齋藤。深川もコメントしていた通り、4月からはラジオ番組『POP OF THE WORLD』(J-WAVE)のラジオナビゲーターも担当。『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 vol.01』(KADOKAWA)では、連載エッセイ「齋藤飛鳥、書く。」を執筆し、文章家として独特のセンスを発揮している。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。冒頭で先述した『乃木坂工事中』の選抜発表回で、齋藤は「(15thシングル)夏曲だし、私明るい曲似合わないし……今、乃木坂いい調子で来てるのに、私のせいで売れなくなっちゃう……」と悩みを吐露していた。齋藤は、歴代センターメンバーである生駒里奈や西野七瀬らが成し遂げていったセンターの壁をどのように乗り越えていくのか。

渡辺彰浩

最終更新:6/13(月) 7:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。