ここから本文です

仕事でも役立つ、人を「笑わせる」5つのテクニック

ライフハッカー[日本版] 6/13(月) 20:10配信

以前、職場でおもしろい人間になると影響力や好感度が増すという記事を「Inc.」に書きました。その素晴らしい作戦を実行するために、職場で使える「おもしろい人間になれる5つのテクニック」をご紹介しましょう。

1. おもしろいことを言う前に、合図を出さない

「おもしろい話があって...」と言った瞬間、相手にとってはまったくおもしろい話ではなくなります。会社が、自社のマーケティングについて「イノベーティブである」と言うようなものです。本当はイノベーティブでない会社が、イノベーティブだと見せかけたいときにしか言いません。

さらに、おもしろい話だと先に知らせることで、驚きがなくなります。驚きは、おもしろい話をさらにおもしろくする大事な要素です。私は、ソフトウェアのカンファレンスで、さも間違ったカンファレンスに来たかのように「驚異の未来の材料:押出コンクリート」というスライドからプレゼンを始めたコンサルタントを知っています。何かおもしろいことを始めるという合図を出さずに、聴衆に向けておもしろいネタを発信したときだけ、常に爆笑が生まれます。

2. おもしろいことを言うときは、絶対に笑わない

18世紀のジョークとして、カサノバは「誰かに泣いて欲しいときは、自分も泣かなければならないが、誰かを笑わせたいときは、自分は真面目な顔でいなければならない」という芝居の大原則を指摘しています。素晴らしいコメディアンや芸人は、自分の発言や考えを言うときにほとんど笑いません。したり顔でニヤリとすることはあっても、声を出して笑わないのは、そのせいで相手の気が散ったり、笑いが損なわれたりするからです。

自分の冗談で笑わないようにするには、完全に馬鹿みたいなことを言うときも、ポーカーフェイスでいる練習をしましょう。痛烈なことを言うときは、ただニヤリと微笑むだけでも、最大のリアクションが得られます。

3. 予測しているものと、予測していないもののギャップ

何かがおもしろい理由を分析するのは意味のないことですが、多くの笑いは、予測していることと予測していなかったことの差によって生まれているようです。

このことを簡単に表したのが、予測できるものを2つ続け、そのあとで予測しないものを持ってくるという「3つのルール」です。たとえば、「ラスベガスに行ったら、ショーを見て、ビュッフェで食事をして、お金を貯める」というようなことです。

3つのルール自体は、ビジネスで使うには少し陳腐かもしれませんが、打ち解けたり、アイスブレイクしたりするのに使えます。たとえば、私が一番笑いが取れたのは、2人の人間が書いたプレゼン資料を、1人でプレゼンするのを謝ったときです。完全に無表情で「ダンボールを切ったものでプレゼンしようかと議論していたのですが、最終的にプロらしく見えないからやめようということになりました」と説明しました。

1/2ページ

最終更新:6/13(月) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック