ここから本文です

お酒を飲みながら「腸活」したいなら、飲むべきは韓国の「マッコリ」

OurAge 6/13(月) 18:03配信

便秘解消のためにいいとされる方法はさんざん試した。でもまだ解消できない…という悩みを持つ人に、トライしてほしいのが「小林式腸活」。順天堂大学医学部教授・小林弘幸さんが考案した。小林医師は自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手などのパフォーマンス向上の指導にあたり、日本初の「便秘外来」を開設した「腸のスペシャリスト」だ。

「実はお酒を飲みながらでも腸活はできるんです」と小林医師は言う。特に腸にいいお酒が、韓国のマッコリなのだそう。マッコリは小麦粉や麦、もち米などを蒸して水と麹を混ぜ、発酵させて濾したお酒だ。

「マッコリは乳酸菌を含む発酵食品で、発酵する過程で酵素を出し、善玉菌を成長させます。また、あまり知られていませんが、水溶性食物繊維も含まれています。ですから、飲むだけで便秘改善効果が期待できるのです」

マッコリには乳酸菌の作り出すまろやかな酸味があり、アルコール度数も低めで飲みやすいのが魅力。ただ、人工甘味料が多く含まれているものもあるので、飲みすぎると糖分の取りすぎに。なるべく人工甘味料無添加のものを選びたい。

腸活を意識しているとき、お酒を飲むなら、マッコリに。飲みすぎには要注意だが。

最終更新:6/13(月) 18:03

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。