ここから本文です

「動物のように扱われた」 ヴァーディ夫人が仏機動隊によるフーリガン鎮圧用催涙ガスの被害に…

Football ZONE web 6/13(月) 8:15配信

イングランド対ロシアの舞台となった流血のマルセイユで被害に

 現在フランスで行われている欧州選手権(EURO)では、フーリガンによる暴動が社会問題化している。イングランド対ロシア戦が行われたマルセイユでは、11日の試合前後でロシア人とイングランド人フーリガンが衝突を繰り返した。イングランド人男性が意識不明の重体に陥り、複数の逮捕者が出るなど大きな問題となっている。機動隊が出動し、催涙ガスや放水車による事態の鎮圧を図っているが、この騒動に巻き込まれた意外な被害者の存在も明らかになっている。

「ガゼッタ」紙がFW10人の去就を大予想 あのビッグネームの新天地は?

 英国営放送「BBC」によると、レスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの妻レベッカさんは、暴動が起きた際にちょうどマルセイユの街中に居合わせたため、機動隊の噴出した催涙ガスの巻き添えとなった。レベッカさんは「(騒動を)この目で目撃したのよ!」と自身のツイッターを更新。修羅場を振り返っている。

「アウェーゲーム史上最悪の経験ね! いきなり催涙ガスを吹きかけられた。囲われて、まるで動物のように扱われたの! 本当にショッキングだった!」

「アウェー史上最悪の経験」と壮絶ツイート

 レベッカさんは、夫ジェイミーのアーセナル移籍報道が加熱した際に、レスターファンからヴァーディ移籍の原因であるとの不当な非難を浴びたことで、メディアにも取り上げられた。「私への暴言はやめてください。夫がキャリアを決める上で、私は何も影響していないの!!」とツイッター上で反論したことも大きな話題となった。

 さらに、夫の応援のために駆けつけたフランスでは、収束の気配のないフーリガン騒動に巻き込まれた。1-1ドローに終わった試合で、ヴァーディは出番なしに終わり、ロイ・ホジソン監督の采配に批判が集まっている。そんななか、レベッカさんには立て続けに不幸が重なっている。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:6/13(月) 8:15

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。