ここから本文です

沖縄発! 世界を目指す国産紅茶

エイ出版社 6/13(月) 17:30配信

沖縄紅茶の魅力をお聞きした

(左)日本生まれの希少な紅茶用品種『べにほまれ』の茶畑の中に立つ、沖縄ティーファクトリー代表・内田智子さん。

*     *     *     *     *     *   

紅茶の産地というと、インドやスリランカ、中国などを思い浮かべるだろう。しかし、日本でも紅茶の生産が盛んになってきているのをご存知だろうか? なかでも特に注目されているのが、沖縄発の紅茶だ。

沖縄で紅茶? と意外に思われる方もいるかもしれないが、沖縄は、気候や風土の点で、良質の紅茶を生産できる環境に恵まれているのだと言う。沖縄紅茶人気の火付け役とも言える沖縄ティーファクトリー代表・内田智子さんに沖縄紅茶の魅力をお聞きした。

「長く紅茶バイヤー・ブレンダーとして流通に関わってきたことが、『琉球紅茶』作りのきっかけとなりました」。そう語るのは、沖縄ティーファクトリー代表の内田智子さん。1993年、紅茶関係の仕事でスリランカへ渡り、その後、約3年間、茶木の栽培から製造、テイスティング、ブレンド技術などを一から学んだ。それが今の仕事の原点となったと振り返る。

1995年には沖縄へ。スリランカと同じ赤土を見て、アッサム地方と同じ緯度だと知り、沖縄は美味しい紅茶を作る産地になれると確信したという。「紅茶は、本生産ができるまで挿し木して2年、定植して3年かかる。生産農家さんは植えて3年間は無給。紅茶産業は本当の意味で地域に根付いていかなくてはと切に思いました」。

そして2000 年より沖縄県産紅茶の製造を開始。ただし、『納得のいく紅茶ができるまで、沖縄県産茶葉100パーセントでは売らない』と決め、当初は輸入品とのブレンド紅茶で販売をスタートした。

満を持して、沖縄県産茶葉100%の『琉球紅茶~月夜のかほり~』を発売したのは2009年のこと。ミルキーでグラマラスな味は話題を呼び、東京・新宿の百貨店で行われた限定販売は、すぐに完売するほどの盛況ぶりだったという。

それから7年。人気は衰えを知らず、直営店・メールマガジン登録者・新宿伊勢丹店のみで販売するも即完売し、入手は困難。国内外の著名人にもファンが多く、欧州での高評価はドキュメンタリー番組などでも紹介された。

内田さんが語る沖縄発紅茶の人気の秘密は5つある。

1/2ページ

最終更新:6/13(月) 17:30

エイ出版社

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。