ここから本文です

マラドーナ、メッシへのリーダーシップ欠如発言は「彼への批判ではない」

フットボールチャンネル 6/13(月) 7:40配信

 先日、ディエゴ・マラドーナ氏がペレ氏との会話の中で、「リオネル・メッシにはリーダーの資質はない」という発言をしたことが話題になったが、マラドーナ氏はこの発言がメッシへの批判でないことを強調している。11日、アルゼンチン紙『ディアリオ・ポプラール』が報じた。

 マラドーナ氏は先の発言について「(メッシについて)今もペレ氏に話した通りのことだと思っている。しかし、これはメッシへの批判ではないのだ」と述べ、「というのも、リーダーとは誰かにしてもらうものではなく、そうなるべき人がなるものなのだ」と続けた。

 そして「仮に、メッシが左足を縛られて、右足でのプレーを強要されたら、うまくプレーできないだろう。そういうものだ。彼をそういう役割に縛りつけるべきではないのだ」とコメントし、「リーダーにするためにボールを奪うのではなく、彼にはプレーさせなければいけないのだ」と持論を展開した。

 初出場したコパ・アメリカ・センテナリオでいきなりのハットトリックを見せたメッシ。キャプテンマークは巻かずとも、その存在感は別格である。片や、何を言っても波紋を呼んでしまうマラドーナ氏。いずれにせよ、アルゼンチンの”10”番は話題に事欠かかないのは間違いないようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/13(月) 10:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。