ここから本文です

「レスターの絆はプライスレス」「みんな残留を望んでいる」 レスター同僚DFがヴァーディ残留に必死の説得明かす

Football ZONE web 6/13(月) 15:20配信

DFシンプソン「もう1年だけでもここに残りたい」

 レスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの残留を願う声は日に日に大きくなっている。レスターのイングランド人サイドバックDFダニー・シンプソンは、今季プレミアリーグで24得点を挙げたチーム得点王の残留を熱望。「このクラブで築いた特別な関係はプライスレス」と唯一無二の大エース残留を切実に訴えている。英「BBC」が報じた。

 ヴァーディは10日開幕を迎えた欧州選手権(EURO)開幕直前にアーセナル移籍のうわさが加熱していた。契約解除金2000万ポンド(約31億円)の満額支払いと年俸増額のオファーが届き、正式決定間近とも報じられていた。しかし、EURO開幕前に決まると見られていた移籍は結局現在まで進展はなし。レスターも年俸増額オファーで引き止め工作に必死の構えを見せ、同僚のデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルや、レスター主将のジャマイカ代表DFウェス・モーガンらも残留を要請している。

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

 そして、今季途中から右サイドバックのレギュラーに定着したイングランド人DFシンプソンも、ヴァーディ残留を呼びかけている。シンプソンの言葉にはヴァーディへのあふれんばかりの愛情が込められていた。

「ジェイミーと話したよ。みんな彼の残留を望んでいる。僕らは、たとえもう1年だけだとしても、みんなでここに残りたいんだ。それは彼が決めること。彼は欧州選手権に集中したいと言った。ジェイミーは僕が彼のことを一人の男として、そして選手としてどう思っているか分かっているはずさ」

カンテ、マフレズにも移籍話浮上

 2012年まで、当時英5部相当のフリートウッド・タウンFCでプレーしていたヴァーディにとってアーセナルへの移籍話は、レスター移籍からイングランド代表デビュー、リーグ新記録の11試合連続得点、そしてプレミアリーグ制覇とMVP獲得と続いたシンデレラストーリーの最終章としてこれ以上ない展開ともいえる。しかし、シンプソンはそれ以上にレスターで積み上げてきたものにはかけがえのない価値があると主張する。

「僕らがこのクラブで築いた特別な関係はお金では買えないよ。スペシャルな集団なんだ」

 奇跡の物語の主役を演じたレスターは、まさにプライスレスなチームとなったようだ。

 ヴァーディだけでなく、17得点を挙げたアルジェリア代表MFリヤド・マフレズやチームの心臓であるフランス代表MFエンゴロ・カンテなど主力の大量流出もうわされているレスター。来季は今季以上に厳しい戦いが待ち受けるはずだが、特別な絆で結ばれたチームは主軸残留でおとぎ話の続編を見せることができるだろうか。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

最終更新:6/13(月) 15:20

Football ZONE web