ここから本文です

宇佐美、アウグスブルクと4年契約結ぶ見通し? ブンデスリーガに再挑戦か

フットボールチャンネル 6/13(月) 8:31配信

  J1リーグのガンバ大阪に所属する日本代表FW宇佐美貴史が、ブンデスリーガのアウグスブルクに移籍する可能性が浮上した。12日に独メディア『スポックス』が報じている。

 同メディアによると、アウグスブルクは宇佐美と4年契約を結ぶ可能性が高いとのこと。チ・ドンウォンやク・ジャチョルなど、すでに多くのアジア人選手が在籍しているが、宇佐美も加入するとなれば4人目となる。アジア市場に向けたマーケティングを進める狙いがあるようだ。

 宇佐美は今季リーグ戦で14試合に出場し3得点を記録。日本代表にも選出され、キリンカップのブルガリア戦ではゴールを決めている。かつてバイエルン・ミュンヘンに在籍した経験はあるが、Jリーグに復帰した今でも海外志向は強い。以前からアウグスブルク移籍の噂は報じられていたが、ここにきて本格的に動き出したようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/13(月) 8:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革