ここから本文です

バルサ会長、“守備の要”放出を断固拒否「彼は1億ユーロの価値がある」

フットボールチャンネル 6/13(月) 10:40配信

 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は“守備の要”であるハビエル・マスチェラーノの放出を断固拒否するようだ。12日、スペイン紙『ムンドデポルティーボ』が伝えている。

 マスチェラーノはユベントスが獲得に迫っており、一時は選手と合意に至ったという情報も報じられた。同選手は2010年にバルセロナに加入以来、守備の中核を担い「15」のタイトル獲得に貢献するチームの大黒柱だ。

 しかし、バルトメウ会長は「マスチェラーノは我々の選手だ。来シーズンも共に戦う。販売されていないし譲渡することはできない。彼には1億ユーロの価値がある」と移籍を拒絶するコメントを残している。

 また、バルトメウ会長は「私がマスチェラーノに何かを強制するわけではない。我々は契約を持っている」と話す。バルセロナはコパ・アメリカ後にマスチェラーノを説得するための会談を設けるようだ。

 今夏既にダニエウ・アウベスが退団しユベントスに“譲渡”したバルセロナ。果たして、マスチェラーノはクラブに残留させることができるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/13(月) 11:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。