ここから本文です

ユーベ、ローマ中盤の”舵取り役”獲得間近。明日にもメディカル実施か

フットボールチャンネル 6/13(月) 11:40配信

 ユベントスが、ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチ獲得に近づいているようだ。12日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、ユベントスがピアニッチに設定されている契約解除金3800万ユーロ(約45億7000万円)を支払うことで獲得する見通しとなっており、明日にもメディカルチェックを実施する予定とのこと。ピアニッチ本人も退団の意思を示しており、ほぼ移籍に近づいたと言えそうだ。

 ピアニッチは今季公式戦41試合に出場し12得点13アシストを記録している。攻撃の組み立て役として活躍し、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献した。ピアニッチ獲得が決まれば、来季リーグ6連覇を目指すユベントスにとって大きな戦力となるだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:6/13(月) 11:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。