ここから本文です

“世紀の大誤審“に泣く。王国ブラジル、まさかのコパGS敗退

フットボールチャンネル 6/13(月) 12:30配信

 アメリカで開催されているコパ・アメリカで“世紀の大誤審“によってブラジルが敗退した。

【写真】スタンドの花、世界の美女サポーター競演(ブラジル杯)

 ブラジルは1勝1分で迎えたグループステージ第3戦でペルーと対戦。

 試合は0-0で推移すると75分にペルーがラウル・ルイディアスが右サイドからのクロスを押し込んで先制点を挙げた。

 しかし、ブラジルの選手たちはルイディアスが腕でボールを押し込んだと猛抗議。リプレイ映像でもルイディアスが右手を振ってゴールに押し込んでいるように見えたが、審判団はゴールを認めた。

 このままブラジルは0-1で敗れ、グループステージ敗退が決まった。

 もし、引き分けで試合が終わっていた場合、ペルーとブラジルの勝ち点は並んだものの、得失点差によってブラジルが突破をしていた。

【了】

フットボールチャンネル

最終更新:6/13(月) 12:49

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。