ここから本文です

イブラ出場は諸刃の剣か。“北欧の古豪”スウェーデン、武器は堅守とチーム力【五輪対戦国を読む】

フットボールチャンネル 6/13(月) 16:00配信

 8月に開幕するリオ五輪。サッカー日本男子代表と対戦する3ヶ国はどんなチームなのか。各国に精通する記者が分析する。まずは、イブラヒモビッチ招集が話題を呼んでいるスウェーデンだ。(文:鈴木肇)

伝統の堅い守備が戻ったスウェーデン

 リオデジャネイロ五輪の男子サッカー組み合わせ抽選会が4月14日に行われ、日本はグループBでナイジェリア、コロンビア、スウェーデンと同組となった。

 対戦国を眺めてみると、アンダー世代の大会で好成績を収めてきたナイジェリア、南米の雄コロンビアと比較してスウェーデンには馴染みが薄いかもしれない。

 スウェーデンは2015年にチェコで開催されたU-21欧州選手権で下馬評を覆して優勝。強豪イタリアとのグループリーグ初戦では退場で数的不利になってから逆転勝利を収めるという離れ業をやってのけると、決勝ではポルトガルをPK戦の末下し、見事栄冠に輝いた。

 優勝の原動力となったのは、「堅守」と「チームワーク」だ。2000年から2009年までスウェーデンA代表の監督を務め、現在はアイスランド代表を指揮するラーシュ・ラーゲルベック氏は「このチームの最大の強みはディフェンス。選手全員がチームのためにハードワークをしている」とコメント。

 1990年代半ばから2000年代半ばまでフルA代表として活躍したニクラス・アレクサンデション氏は、この若き代表チームの戦いぶりを表すキーワードとして「コレクティビティ」と「チームスピリット」を挙げている。

 組織力を生かした堅い守備といえばこれまでスウェーデンサッカーの代名詞だったが、近年のA代表は強豪国はもとよりオーストリアといった中堅国相手でも簡単にゴールを許すようになり、もはやかつてのお家芸は失われつつある。それだけに、「らしさ」を前面に押し出したU-21代表の戦いぶりにファンや関係者は歓喜した。

 こうした特長は、U-21欧州選手権後も変わっていない。2017年U-21欧州選手権の予選ではここまで5試合を消化して4勝1分と好調をキープ。許した失点は、引き分けに終わった敵地のスペイン戦で喫した1ゴールだけだ。対戦国にとってゴールをこじ開けるのはそう簡単ではないだろう。

1/5ページ

最終更新:6/13(月) 16:05

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。