ここから本文です

猛将ガットゥーゾ、頭部直撃のペットボトルにも屈せず! チームを昇格へ導く

フットボールチャンネル 6/13(月) 21:00配信

 熱い男がチームを昇格に導いた。かつてミランで活躍した元イタリア代表のジェンナーロ・ガットゥーゾ監督率いるピサが7年ぶりに2部昇格を果たした。

 現地時間の12日にセリエB昇格プレーオフ決勝の2ndレグが行われ、ピサはフォッジャと対戦。結果は1-1の引き分けで終わったが、1stレグで4-2の勝利を収めていたピサが7年ぶりにセリエB昇格を果たしている。

 ガットゥーゾ監督がチームを昇格させたのは今回が初めてだ。同監督はスイスリーグ1部のシオンで選手兼任監督に就任して以来、これまでセリエAのパレルモとギリシャリーグ1部のOFIクレタで指揮官を務めた。そして昨年からイタリアリーグ3部のピサを率いている。

 一方で、この試合は非常に荒れ模様となった。後半にはフォッジャの何名かのサポーターがピッチに乱入して試合が中断する騒ぎが起きると、スタンドから投げられたペットボトルがガットゥーゾ監督の頭部に直撃するハプニングも起きている。

 その雰囲気に感化されて両チームの選手同士の間でも何度も喧嘩が起き、同じように両チームの監督同士も喧嘩をして両者に退場処分を下された。

 終了後にガットゥーゾ監督は、「オレは苦しまなきゃ体調が良くないんだ」と口を開くと、「オレはサッカー選手としてラフな奴だと言われて来たよ。だけど、意欲や情熱で沢山の満足感を得て来たんだ。監督としてのキャリアも同じように始まったよ。今日から新たな冒険が始まる。きっと難しい道だろうけど、オレの中には炎を感じるんだ」と記者会見で語っている。

 情熱とガッツでは誰にも負けないガットゥーゾ監督。これからも監督としての成長が楽しみだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/13(月) 21:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。