ここから本文です

利益率で見る世界有力企業2000社ランキング トップ20

Forbes JAPAN 6/13(月) 17:00配信

フォーブスでは、5月に公開した「世界の有力企業2000社ランキング(グローバル2000)」のうちトップ20社のデータを分析。すると総合的に評価して最も規模が大きい企業が、必ずしも最大の利益をあげている訳ではないことが分かった。



そこで今度は、利益率に注目した上位20企業のランキングを作成。企業収益に占める利益の割合を示すもので、利益を売上高で割って算出した。

例外は1件。「世界の有力企業2000社ランキング」でトップにつけた中国工商銀行は、利益率も25%強で1位だった。2位は同ランキング7位だったウェルズ・ファーゴで、その後に中国建設銀行、JPモルガン・チェース、アップルの順で続いた。

上位20社の利益率の平均は15.46%。このうち10社がアメリカの企業、7社が中国の企業と米中企業が上位を独占している。また中国企業の平均利益率は17.35%でアメリカ企業の平均利益率は15.10%と、中国企業の方が利益率が高いという結果も示された。米中企業を除いた3社はイギリス、日本と韓国の企業。

上位20社の社名と売上高、利益、利益率は以下のとおり。


1. 中国工商銀行
売上高:1,711億ドル、利益:442億ドル、利益率:25.8%
2. ウェルズ・ファーゴ
売上高:914億ドル、利益:227億ドル、利益率:24.8%
3. 中国建設銀行
売上高:1,468億ドル、利益:364億ドル、利益率:24.8%
4. JPモルガン・チェース
売上高:999億ドル、利益:235億ドル、利益率:23.6%
5. アップル
売上高:2,333億ドル、利益:537億ドル、利益率:23%
6. 中国銀行
売上高:1,220億ドル、利益:272億ドル、利益率:22.3%
7. 中国農業銀行
売上高:1,319億ドル、利益:288億ドル、利益率:21.8%
8. HSBCホールディングス
売上高:703億ドル、利益:135億ドル、利益率:19.2%
9. シティグループ
売上高:859億ドル、利益:158億ドル、利益率:18.4%
10. バンク・オブ・アメリカ
売上高:915億ドル、利益:158億ドル、利益率:17.3%
11. 中国移動通信
売上高:1,078億ドル、利益:171億ドル、利益率:15.9%
12. ベライゾン・コミュニケーションズ
売上高:1,318億ドル、利益:180億ドル、利益率:13.6%
13. バークシャー・ハサウェイ
売上高:2,108億ドル、利益:241億ドル、利益率:11.4%
14. サムスン
売上高:1,773億ドル、利益:165億ドル、利益率:9.3%
15. AT&T
売上高:1,468億ドル、利益:132億ドル、利益率:9%
16. 中国平安保険
売上高:987億ドル、利益:87億ドル、利益率:8.8%
17. トヨタ
売上高:2,358億ドル、利益:193億ドル、利益率:8.2%
18. エクソンモービル
売上高:2,368億ドル、利益:162億ドル、利益率:6.8%
19. ウォルマート
売上高:4,821億ドル、利益:147億ドル、利益率:3.1%
20. 中国石油天然気
売上高:2,746億ドル、利益:57億ドル、利益率:2.1%

Katie Sola

最終更新:6/13(月) 17:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。