ここから本文です

欠陥隠し疑惑のテスラ、噂を否定 報じた側に隠された意図?

Forbes JAPAN 6/13(月) 11:00配信

米電気自動車(EV)メーカー、テスラは6月9日、自動車関連の情報を提供する「ザ・デイリー・カンバン(The Daily Kanban)」が伝えた同社の欠陥隠ぺいに関するうわさを強く否定した。ホームページ上で同社は、顧客がテスラ車に関する問題を当局に報告することを妨害したことはなく、この一件はザ・デイリー・カンバンの運営者による「恐らく金銭的な見返りを目的としたねつ造だ」と強調している。



テスラは自社の「モデルS」「モデルX」共にサスペンションに欠陥はなく、米道路交通安全局(NHTSA)による調査が行われている事実もないと説明。予備的な調査さえ行われていないとしている。ただし、今年4月20日にNHTSAから両モデルのサスペンションに関する情報提供を非公式に求められ、10日後に提出したたことは認めており、その上で次のように述べた。

「NHTSAは当社が調査に全面的に協力したとみており、追加の情報提供は不要との連絡があった。情報を提出する以前にもその後にも、NHTSAが当社のサスペンションに問題があると判断した事実はない」

「顧客に対し、NHTSAその他の政府機関への報告を行わないよう求める文書に署名を求めたことはなく、今後もそのような考えはない。ばかげた話だ」

問題の「契約」とは──

問題の発端は、ザ・デイリー・カンバンのエド・ニーダーマイヤーがテスラの隠ぺいを伝えたことだ。約11万3,000㎞走行した後にサスペンションが故障したと訴えた顧客に対し、テスラは補償対象外の修理代金の一部を負担する条件として、秘密保持契約(NDA)にあたる「グッドウィル契約」(企業の信用や評判の維持に関する契約)への署名を求めていたと報じた。

テスラはこれについて、サスペンションには通常では発生しない「さび」があり、これは所有者の車の使用状況によるものと考えられると指摘。それにもかかわらず同社が3,100ドル(約33万円)の修理代の半額を負担することに同意したのは、同社のグッドウィル(善意)を示すものだという。

1/2ページ

最終更新:6/13(月) 11:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。