ここから本文です

五感に訴えるプレゼンテーション、ビル・ゲイツ流「人の心を動かす方法」

Forbes JAPAN 6/13(月) 19:20配信

ビル・ゲイツは以前、発展途上国でマラリアの感染がどのように拡大するかを説明するため、観客席に向かって蚊を放ったことがある。清潔な飲料水が入手できない場所で汚水を浄化するプロセスを紹介するために、テレビ番組で浄化した汚水を飲んで見せたこともある。



そのゲイツが今度は、サハラ以南アフリカの貧困撲滅に向けた解決策への関心を高めるため、ニューヨークのワン・ワールド・トレード・センター68階に鶏舎をつくった。ニワトリの前で貧困問題に関する新たな取り組みを発表することで、プレゼンテーションを立体的かつ人の五感に訴える経験にしたのだ。

パワーポイントを使って、事実や数字を見せるだけのプレゼンテーションにすることもできた。だが、ゲイツは報道機関やブロガーたちに、共有や議論ができる、写真に撮ることができる、そして楽しむこともできる情報提供を行った。退屈なプレゼンテーションは聴衆の思考にも心にも訴えないことを、よく知っているのだ。そして、極度の貧困に関連した問題の解決に心から情熱を傾けているゲイツは、この問題について訴える機会があれば、それを無駄にはしたくない。

そしてゲイツは同時に、データも提供した──「私たちの目標は西アフリカ各国で、ニワトリを飼育する世帯の割合を現在の5%から30%程度にまで引き上げることだ」

「なぜニワトリかといえば、極度の貧困の中で生活するおよそ10億人の人たちにとって、コストがかからず、容易に始められるニワトリの飼育は、適切な投資だと考えられるからだ。子供たちの健康に害を及ぼすこともない」

「家畜の飼育は人々を貧困から抜け出させるための素晴らしい方法だ」

コミュニケーションにおけるゲイツの戦術は、聴衆が他の人たちと共有したいと思うようなコンテンツをつくり、深刻な問題に関する真剣な議論のきっかけを提供し、聴衆の注目を集めようとするものだ。

説得力のあるコンテンツは「興味深く、楽しく、ためになる」ものであることをゲイツは理解している。だからこそ、ステージの上で瓶に入っていた蚊を客席に放ち、汚水を飲み、プレゼンテーションをしている足元にニワトリを歩き回らせるのだ。

1/2ページ

最終更新:6/13(月) 19:20

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。