ここから本文です

【総体】あなたの出身県の代表校は? 東福岡、静岡学園、滝川二、青森山田、星稜、広島皆実など41チームの出場が決定。

SOCCER DIGEST Web 6/13(月) 18:07配信

前回優勝の東福岡が3連覇へ前進。

 夏のインターハイの地区予選が全国各地で大詰めを迎えている。

 6月10日はFW安藤を擁する長崎総科大附(長崎)が出場権を獲得。同11日には開催地のため2枠を得ている広島で準決勝が行なわれ、広島皆実と瀬戸内が勝利し、本大会へ駒を進めた。さらに四国学院大香川西(香川)、松山工(愛媛)が県予選を勝ち抜き、12日の日曜日には岡山学芸館(岡山)と西京(山口)がそれぞれ出場を決めている。
 一方で前橋育英(群馬)、桐蔭学園、日大藤沢(ともに神奈川)、興国(大阪)、大津(熊本)、作陽(岡山)など下馬評の高かった強豪校が姿を消した。
 これまでに大会連覇中の東福岡(福岡)をはじめ、41代表校(全55代表校)が確定。初出場は市立長野(長野)、綾羽(滋賀)、そして大阪学院大高(大阪)の3チームだ。

【総体】地区予選代表校一覧

 16チームがインターハイ本大会にエントリーする女子は、6日に関東予選の最終日を迎え、星槎国際(優勝)、前橋育英(準優勝)、十文字(3位)の3チームが出場権を獲得した。

 出場校と各地区決勝の日程は以下のとおり。

平成28年度インターハイ 男子出場校一覧




都道府県名
代表校/決勝日程
出場回数/決勝カード


北海道(2)
6月17日
 


 
 


青森
青森山田
17年連続20回目


岩手
盛岡商
3年連続24回目


秋田
秋田商
2年連続32回目


宮城
仙台育英
2年ぶり17回目


山形
山形中央
 3年ぶり10回目


福島

7年連続9回目


茨城
6月22日
 


栃木
6月19日
 


群馬
6月19日
 


埼玉(2)
6月22日
 


 
 


千葉(2)
6月19日(準決勝)
 


 
 


東京(2)
6月18日(準決勝)
 駒澤大高×関東一


 
 成立学園×東海大高輪台


神奈川(2)
6月18日(準決勝)
桐光学園×横浜創英 


 
慶應義塾×湘南工大附 


山梨
6月19日
 


新潟
帝京長岡
4年ぶり5回目


長野
市立長野
初出場


富山
高岡一
2年ぶり3回目


石川
星稜
5年連続25回目


福井
福井工大福井
2年ぶり2回目 


静岡
静岡学園
3年ぶり5回目


愛知(2)
刈谷
5年ぶり8回目


中京大中京
4年連続19回目


岐阜
帝京大可児
2年ぶり4回目


三重
三重
3年ぶり3回目


滋賀

 初出場


京都
京都橘
2年ぶり3回目


奈良
一条
4年ぶり6回目


和歌山
近大和歌山
4年ぶり11回目


大阪(2)
大阪学院大高
初出場


履正社
2年連続3回目


兵庫
滝川二
2年連続23回目


鳥取
米子北
9年連続12回目


島根
立正大淞南
9年連続11回目


岡山
岡山学芸館
2年連続3回目


広島(2)
広島皆実
3年連続14回目


瀬戸内
3年ぶり5回目


山口
西京
3年ぶり4回目


香川
四国学院大香川西
5年ぶり9回目 


徳島
徳島市立
3年連続15回目


愛媛
松山工
4年ぶり10回目


高知
高知商
2年ぶり7回目


福岡
東福岡
5年連続14回目


佐賀
佐賀東
2年ぶり12回目


長崎
長崎総科大附
 4年ぶり2回目


大分
中津東
7年ぶり2回目


熊本
熊本国府
15年ぶり3回目


宮崎
日章学園
3年ぶり12回目


鹿児島
鹿児島城西
3年ぶり6回目


沖縄
那覇西
3年ぶり14回目




平成28年度インターハイ 女子出場校一覧



地区名
代表校/決勝日程
出場回数


北海道
6月17日
 


東北
(2)
6月20日
 


 
 


関東
(3)
星槎国際(神奈川)
初出場


前橋育英(群馬)
2年連続2回目


十文字(東京)
2年ぶり2回目


東海
(2)
6月19日
 


(4チームによるリーグ戦)
 


北信越
6月19日
 


近畿
(3)
6月20日
 


 
 


 
 


中国
6月20日
 


四国
6月19日
 


九州
(2)
6月20日
 


 
 




 

最終更新:6/14(火) 0:24

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。