ここから本文です

【神戸】P・ジュニオールの“ユニコレ”に加わった選手とは? 答は広島対策に現われる

SOCCER DIGEST Web 6/13(月) 6:30配信

守備時の動きにある違和感が。

 神戸の選手たちが口々に手応えを語ったJ1第1ステージ・15節の広島戦だが、攻撃面で輝きを放ったのは貴重な同点弾を奪ったP・ジュニオールだった。
 
「個人的にも良いプレーができたと思っている」と振り返った快足FWは序盤から身体のキレを感じさせ、得意のドリブルで何度も広島DFに襲いかかった。
 
 ただ、ふと違和感を持ったのは守備時の彼の位置取りだ。通常よりやや後ろ、2トップを組むレアンドロと縦関係のようになるポジションは、広島のパスの供給元である青山敏弘を警戒するものだった。
 
 相手ボールになれば即座に青山の位置を確認し、すかさずパスコースを遮り、もし青山がボールを持てば果敢にプレスをかける。広島の心臓を自由に動かさないこと、ネルシーニョ監督の指示だったというこの策は案の定、大きな効果を表わした。
 
 試合は1-1のドローに終わったものの、「両チームとも非常に競い合った高いレベルの良い試合だったと思う」(ネルシーニョ監督)と、神戸はP・ジュニオールの頑張りもあり、前年のチャンピオンチームと互角の戦いを演じた。
 
 さて、試合後、ふと青山に近づく影があった。それが他の誰でもないP・ジュニオールだった。ふたりはお互いの健闘を称えあい、リーグ戦では珍しいユニホーム交換を行なったのだ。
 
 聞けばP・ジュニオールは度々、Jリーガーとユニホーム交換を行なっているという。「以前は遠藤とユニホーム交換をした」とも語る。その手に入れた品は「ブラジルに持って帰って飾る」というのだ。もしかしたら、すでに多くのコレクションが集まっているのかもしれない。
 
 青山とユニホームを交換した意図に関しては「特別な意味はない」としたが、「素晴らしい選手」という再認識がこの試合で生まれ、前半のうちに口約束をする動機となったのだろう。自らがマークしたことによってさらに能力の高さを知り、広島のバンディエラのユニホームが欲しくなったということなのかもしれない。
 

1/2ページ

最終更新:6/13(月) 6:30

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。