ここから本文です

次世代の「代表CB」筆頭候補の昌子源。浦和を相手に貫いた“俺流ディフェンス”の極意

SOCCER DIGEST Web 6/13(月) 6:00配信

相性の悪い浦和の攻撃を、鹿島はいかにシャットアウトしたのか。

[J1・1stステージ15節]浦和 0-2 鹿島 6月11日/埼玉

 現時点で鹿島がリーグ戦で最後に負けたのは、4月の8節・柏戦だ(0-2)。その後の7試合は5勝2分と無敗。その内、4試合でクリーンシートを達成と、盤石の守備力をベースに逆転ステージ優勝へと向けて突き進んでいる。
 
 4-0で完勝した前節・甲府戦後、CBの昌子源は15節の浦和戦を見据え、次のように予想を立てていた。
 
「浦和は特徴的な攻撃をしてきて、前にかかる人数も多い。僕らがボールに関わってないところでも、声で周りを動かす必要がある。相手は変則的なフォーメーションなので、(2ボランチの小笠原)満男さんや(柴崎)岳のマークに関して、常に声を出していかないといけないと思います」
 
 果たして、鹿島は浦和戦でも2-0の完封勝利を収めてみせる。リーグ戦における対浦和戦の勝利は、実に6年ぶりだ。シュート数は13対16と自分たちもより多く打たれ、終盤は押し込まれる時間帯が長かったが、チーム全員が身体を張って守り、ゼロで凌ぎ切った。
 
 では、苦手としている浦和の攻撃を、鹿島はいかにシャットアウトしたのか。
 
 浦和の前線はCF+2シャドーで構成されているが、相手の前の3枚に対し、鹿島守備陣は、石井正忠監督が「ボランチはいつも後ろに1枚は残らないと対応できない」と語ったように、基本的には2CB+ボランチ1枚で対応した。
 
「できたら(相手の)シャドーは、ボランチに見てほしかった。岳とかは攻撃的な選手だけど、守備的になる時間帯が長くなる可能性があるとは伝えていました。そのなかで、岳と満男さん、途中から入った(永木)亮太君は、僕らの前に常にいて、時にはシャドーにマンツーでついて行ってくれたり。そういうのがすごく効いていたと思います」
 
 それでも、シャドーだけでなくCFも流動的に動いてくる鹿島の攻撃陣に、CBの昌子や植田直通が釣り出されて、最終ラインにギャップが生じるケースが散見。空いたスペースを相手に突かれれば一気にピンチに陥る危険なシチュエーションだが、鹿島側もお互いに声を掛け合い、連動したディフェンスで対抗した。
 
「俺らが出たら、満男さんや岳が気を利かせてくれてCBの位置に戻ってくれる、という感じでやっていたので。監督からも『迷わず、怖がらずに行け』という指示はありました」
 
 事実、ひとつ落ちてきてボールを受けようとする相手に対し、昌子は前半から鋭い出足と思い切りの良さで前に出て行き、前を向かせない対応を見せる。アグレッシブな守備で浦和の攻撃のリズムを狂わせていた。
 
 もっとも、ただ前に出て行ってガツガツ行くだけではなかった。そこには、昌子なりのCBとしてのチャレンジがあった。
 
 

1/2ページ

最終更新:6/13(月) 6:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。