ここから本文です

顔面蒼白!中国人旅行者が旅館でピンチ

JBpress 6/13(月) 6:15配信

 これまで3回にわたって、初めての日本旅行をレポートしてきた中国人の李小勇さん(仮名)。夫婦旅行のはずが家族全員で行くことになり(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46515)、大阪では心斎橋の魔力に翻弄され(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46689)、そして京都観光のはずが買い物に引き込まれたり(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46937)と、紆余曲折をたどっています。

 そんな李さん一家の旅行も、いよいよ佳境に。奥さんの買い物熱に引き込まれながらも、何とか京都観光を済ませ、李さん念願の温泉旅館にたどり着いた一家。あとは温泉と夕食を楽しむだけと思いきや・・・。李さんによる初めての日本旅行レポート第4弾、それではどうぞ。

■ 大きな心配事

 京都北部にある、海に面した温泉旅館。部屋から綺麗な日本海が一望できる。旧正月の時期だが、あまり中国人は来ないのか、空いていたので予約した。日本語のサイトからしか、予約できないからかもしれない。

 それにしても遠かった。嵐山を早めに切り上げて出発していなかったら、たどり着けなかっただろう。

 家族全員、初めてのことだらけで大興奮だ。温泉、畳、障子、浴衣、床に直接寝るための布団、なんだか使い方が分からない指圧器・・・。妻とお義母さんは、もうスマートフォンで写真撮影が止まらない。息子は畳の上を大喜びで泳いでいる。お義父さんは障子に興味津々のようだ。そんなはしゃぐ家族たちをよそに、 私はとても焦っていた。

 例えるなら、出かけてから、ふと「出るときに鍵かけたかな」「ガスの元栓ちゃんと閉めたかな」と心配になるあの焦燥感だ。乗り換えに乗り換えを重ねて、苦労してたどり着いた京都北部の温泉旅館。「温泉だー!!」と喜ぶ家族をよそに、私は旅館に到着する前からある1つの不安が頭から離れず、興奮した家族の話にも上の空だった。

 それは「子供用のお子様ランチをちゃんと注文完了してただろうか?」という心配だった。

1/4ページ

最終更新:6/16(木) 7:50

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。