ここから本文です

長い挑戦の末にたどり着いた元素「ニホニウム」

JBpress 6/13(月) 6:10配信

 2016年6月9日、113番元素の名称候補として「ニホニウム」、元素記号「Nh」が発表されました。

本記事の図や写真はこちらから(JBpressのサイトへ)

 113番元素は、理化学研究所(理研)の森田浩介さんの研究チームが合成・発見した元素です。日本を中心とする研究グループが元素の発見者として認められたのは、史上初めてです。

 国際的なルールにより、新元素の発見者には名前を提案する権利が認められます。発見者が提案した名前は、国際純正・応用化学連合(IUPAC)によって、他の物質とかぶってないか、当たり障りのない妥当な命名かどうか、審査され、公開レビューを経て決定されます。ニホニウムはこれから5カ月の公開レビューを受け、問題がなければ正式な元素名となります。

■ ニホニウムの由来

 IUPACの公式発表によりますと、理研・仁科加速器研究センターは113番元素に名前「ニホニウム」と元素記号「Nh」を提案しました。「ニホン」はJapanの二通りの日本語表現の一つで、「日出(い)ずる国」を意味します。

 ニホニウムとは耳慣れない名ですが、これまで存在しなかった元素の名前なのだから、耳慣れないのは当然です。やがて馴染むことでしょう。

 (周期表の中には、「臭素(Br)」などというひどい元素名や、舌を噛みそうな「フレロビウム(Fl)」や、「アクチニウム(Ac)の元」を意味する「プロトアクチニウム(Pa)」という投げやりな命名など、おかしな名前がいくつもあります。それに比べれば全然ましではないかと思われます)

 なお、「ニッポニウム」という命名は、次に説明するように、かつて別の元素に提案されたことがあり、そのため今回は使えなかった事情があります。一度提案された元素名は別の元素に使えないというルールがあるのです。

 「ニホニウム」にはまた、2011年の福島の核災害(Fukushima nuclear disaster)によって被災し、科学に失望した人々に、科学への誇りと信頼を取り戻したいという希望が込められているということです。

■ 小川正孝とテクネチウム

 森田浩介さんのチームは提案の中で、小川正孝の仕事に触れ、43番元素に関する先駆的な仕事に敬意を表しています。

 元素発見の歴史において、43番元素は際立って特殊な元素です。

 化学者小川正孝は、1908年に43番元素を発見したと報告し、「ニッポニウム」と命名しました。

 しかしその報告は誤りでした。小川が新元素だと思い込んだ元素は、実際にはレニウム(Re)だったと推定されています。日本人による新元素発見は実現しませんでした。

 43番元素発見の報告はいくつもなされましたが、いずれも間違いと判明しました。冶金学者や化学者がいくら鉱石を砕いて分析しても、43番元素は見つかりませんでした。周期表の43番目の欄は、長らく空欄として残されていました。

 1937年、物理学者はとんでもないことをやってのけます。天然に見つからない43番元素を合成したのです。

 サイクロトロンという装置を使って重水素(D)を加速し、モリブデン(Mo)の標的に当て、見事43番元素の原子核を創りだしました。

 43番元素は「人工」を意味する「テクネチウム(Tc)」と命名されました。

1/2ページ

最終更新:6/13(月) 6:10

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。