ここから本文です

作りやすく、収穫量も多い! サツマイモ栽培のポイント

NHKテキストビュー 6/13(月) 15:00配信

サツマイモは、菜園の優等生です。手をかけずにどっさりとれて、しかもおいしい。秋の収穫祭の、まさに主役です。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんにサツマイモ栽培のポイントを教えてもらいました。



* * *


■栽培期間は長いが、手がかからない


サツマイモの魅力は、強健な性質と作りやすさ、収穫量の多さにあります。特長は、[1]連作障害(れんさくしょうがい)が起きにくい、[2]土質を選ばず栽培できる、[3]少ない肥料で育つ、[4]暑さと乾燥に強く、生育が旺盛、[5]致命的な病害虫の被害が少ない、[6]植えつけ後はほとんど手がかからない、[7]単位面積当たりの収穫量は作物のなかではトップクラスで、コメより多い、[8]各種のビタミンとミネラルが多く低カロリー、などさまざま。まさに家庭菜園向きの野菜なのです。一方、熱帯原産で寒さにやや弱い、過湿が苦手、つるが繁茂する、などがウイークポイントですが、それぞれ対応策があるので大丈夫。



植えつけ適期は、今。秋にはホクホクのイモをどっさり収穫です


■ゴロゴロとれるサツマイモ栽培のポイント
 

ポイント1 つるボケ予防のため、化成肥料は控えめに



吸肥力(きゅうひりょく)が強く、少ない肥料でよく育つ。チッ素肥料が多いと、つるは旺盛に茂るがイモのつきが悪くなる「つるボケ」を起こすので、化成肥料(N-P-K=8-8-8)の分量は一般的な野菜の1/3~1/4に抑え、草木灰(そうもくばい)でカリ分を補う。



ポイント2 水はけが大事 30cmの高畝(たかうね)に



乾燥に強く、水はけのよい土を好む。有名な産地に火山灰土や砂地が多いのは、このため。一般的な畑では、高さ30cmの高畝を作ってさし苗を植える。高畝は通気性がよく、収穫量もアップする。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2016年6月号より

NHK出版

最終更新:6/13(月) 15:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

NHKテキストビューの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。