ここから本文です

中居正広、自分をイメージした曲に「すげー!」

Smartザテレビジョン 6/14(火) 7:01配信

中居正広が司会を務める「ナカイの窓」(毎週水曜夜11:59-0:54日本テレビ系)。6月15日(水)は「楽器を弾く人SP」と題し、武田真治、新垣隆、マーティ・フリードマン、Ayasa、松岡みやびが登場する。

【写真を見る】中居正広にサックスを教える武田

これまでに13枚のCDをリリースしているサックス奏者の武田は、チェッカーズの一員として活躍した藤井尚之の影響でサックスを始めたと、サックスの魅力について語る。また、武田がSMAPの「SHAKE」を披露し、中居も武田に教わりながらサックスを吹くことに。

一方、世界的なギタリストで音楽評論家のマーティ・フリードマンは、ギターの魅力を語ると共に、石川さゆりの「天城越え」とSMAPの「夜空ノムコウ」を演奏。違ったジャンルの曲によって奏でるギターの魅力を伝える。

さらに、ピアニストで作曲家でもある新垣は4歳からピアノを習い始め、作曲は小学2年生から始めたという。幼少期から音楽に携わる新垣が中居をイメージした曲「ひとりぼっちの中居さん」を作り、ピアノで披露。すると、中居も「まじで!? すげー!」と驚きながらも感激する。

ほか、バイオリニストのAyasa、ハープ奏者の松岡もそれぞれ曲を弾き、最後には全員でSMAPの「世界に一つだけの花」をセッションする。

最終更新:6/14(火) 7:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。