ここから本文です

D1グランプリ2連戦が筑波サーキットで開催!

東京ウォーカー 6/14(火) 16:44配信

ドリフト競技の最高峰「2016 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIXシリーズ」の第3戦と第4戦『TSUKUBA DRIFT』が、6月25日(土)・26 日(日)の2日間、筑波サーキット・コース2000にて行われる。

【写真を見る】全戦の富士で左ドアが外れながらも走行した今村陽一にも注目!

6月25 日(土)に『2016 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.3』を、26 日(日)に『2016 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.4』と2戦連続で開催される今大会。24 日(金)にRd.3単走予選をおこない、25 日(土)にRd.3の単走決勝と追走トーナメント、さらに第4戦の予選を実施し、26 日(日)にRd.4の単走決勝と追走トーナメントを実施する。

現在、ポイントランキング1 位の齋藤太吾(WANLI FAT FIVE RACING)と、2位には昨シーズンのチャンピオン川畑真人(Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING)が、3位以下を大きく引き離している今シーズン。しかし、土曜日に実施する Rd.3 単走決勝は、Rd.4 単走予選と得点が兼ねるルールであるため、3位以下の選手にとっては一気にポイントを加算することが可能だ。今回の筑波で、齋藤と川畑がさらにリードを広げるか、他の選手が 2 強を倒し大きく詰め寄るか……。

今年度のチャンピオン争いの展開を大きく変える筑波2連戦。ファンのみならずとも、見逃せない試合になること間違いナシだ!【東京ウォーカー】

最終更新:6/14(火) 16:44

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。