ここから本文です

アニメ“ジョーカー・ゲーム”第11話、対ドイツ!?

Smartザテレビジョン 6/14(火) 20:44配信

AT-Xより順次放送中のアニメ「ジョーカー・ゲーム」の第11話『柩』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第11話では、ドイツ国防軍の諜報機関に属するヘルマン・ヴォルフ大佐が、列車事故の調査へ。事故に関係するとみられた男の持ち物から、あるスパイ道具を見つけだすが…

本作は、柳広司のミステリースパイ小説シリーズ(角川文庫刊)をアニメ化。世界大戦の火種がくすぶる昭和初期の日本で、帝国陸軍の結城中佐によってスパイ養成部門“D機関”が秘密裏に設立される。一般大学を卒業し、選抜試験をくぐり抜けた三好ら機関員は、結城中佐の下、スパイ活動に必要な技術を身に付け、世界中で暗躍する。

【第11話『柩』】

ドイツ国防軍の諜報機関アプヴェアに所属するヘルマン・ヴォルフ大佐は、副官を務めるヨハン・バウアー中尉と共にベルリン郊外で起きた列車事故の調査に赴く。そして事故に関係するとみられた男の持ち物から、あるスパイ道具を見つけだす。男は、“真木克彦”という日本人の死体から盗んだと自供するが…。

なお、第11話はAT-Xで6月14日(火)夜11時より放送。TOKYO MX、テレビ愛知、MBS 、BS11でも通常放送の予定となっている。

最終更新:6/14(火) 20:44

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。