ここから本文です

吉原の粋な文化を伝える新しい江戸土産ショップが誕生!

ハーパーズ バザー・オンライン 6/14(火) 10:50配信

江戸時代、遊郭として栄えた吉原。歌舞伎や小説の舞台となったこの歴史ある街の魅力を、ユニークなアイテムで表現しているブランド、新吉原の初店舗がこの6月にオープンした。 
 
ブランドのデザイナーは、以前ファッション誌のエディターとして活躍していた岡野弥生さん。吉原生まれ、吉原育ちの彼女が生み出すアイテムは、寝そべりながら煙草をくゆらしたり、腕に刺青をしている遊女など、艶っぽいながらも思わずくすっと笑ってしまうようなモチーフを題材にしている。

ショップに並ぶのは、手ぬぐいや団扇、江戸時代から伝わる伝統技法でつくられた小判桶や、神社や仏閣に参拝をした記念として貼る千社札などユニークなアイテムの数々。
 
吉原の歴史や文化を今に伝えるモダンかつユーモアに溢れたアイテムは、ちょっと変わったお土産を探している人にもぴったり。浅草を訪れた際は、足を延ばして訪れてみて。

岡野弥生商店
住所/東京都台東区西浅草3-27-10-102
営業時間/12:00-18:00
不定休

最終更新:6/14(火) 10:50

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。