ここから本文です

30秒でわかる2016年6月Appleイベントまとめ

ライフハッカー[日本版] 6/14(火) 10:47配信

2016年6月14日2時より、「Apple Special Event June 2016」が開催されました。2016年秋にiOS 10、OS X、WatchOS、tvOSがいっせいにアップデート、おおよそ以下のように強化されます。

・iOS 10では通知、『写真』、『Message』が強化
・とうとうMacでSiriが使えるようになる
・WatchOS 2ではアプリ起動速度が7倍になる
・一度のログインですべてのチャンネルが観られるtvOS
・iPadでコーディングが学べるアプリ『Swift』が登場

今回はアップデート内容を簡単にまとめてご紹介します。大方の予想通り、新商品の発表はありませんでした。

1. iOS 10では通知、『写真』、『Message』が強化

ロックスクリーン画面のデザインがよりスタイリッシュに。通知を3D Touchすることでさまざまな操作が行えるようになり、いちいちアンロックする手間が減ることでしょう。

ユーザビリティを大きく上げてくれそうなのが『写真』の自動整理機能の強化です。顔認識が強化されるだけでなく、風景認識も導入され、アルバムを場所やアクティビティでも検索できるようになります。

ロックスクリーンだけでなく、『Apple Music』もデザインを一新。機能面では、歌詞を表示できるようになるのがうれしいですね。

大幅に機能強化される『Message』。手書きメッセージに対応し、写真の上に書くこともできます。ほかにもテキストメッセージを揺らしたり、アニメーションさせられるようになり、コミュニケーションがさらに楽しくなるはず。

おもしろいのが、入力したテキストメッセージをワンタッチで絵文字に変換できる機能です。絵文字と文字の組み合わせでファニーな感じを出せるようになるので、味気なくなりがちがテキストチャットでも相手との距離感に困らなくなりそうです。『LINE』のようなスティッカー機能やGIFアニメに自分の顔を合成する機能もあり、こちらも雑談を盛り上げてくれることでしょう。

1/2ページ

最終更新:6/14(火) 11:22

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック