ここから本文です

残留支持する米国の本音と建て前(下)英国はEUから離脱するか その3

Japan In-depth 6/14(火) 11:00配信

シリーズ第1回(1月12日号参照)でも紹介させていただいた、 『国が溶けて行く ヨーロッパ統合の真実』(電子版配信中)を書くために、日本語と英語の文献を何冊も読んだ。

そして気づいたことは、米国のエコノミストやジャーナリストの中には、EUについて「恩知らずだ」と言わんばかりの感情を隠そうともしない人が結構いる、ということである。

第二次世界大戦で荒廃したヨーロッパ大陸諸国を救ったのは、マーシャル・プランの名で知られる、米国からの経済援助であった。

もちろん、この援助は人道的見地からのみ行われたものではない。

米国の資本主義の理念とは、ファシズムも共産主義もともに認めがたい、というもので、ソ連の台頭は看過できない事態であった。

かくして冷戦と称される構造が出来上がって行くわけだが、そうであれば、過去400年にわたって、血で血を洗う戦いを繰り返してきたフランスとドイツ(当時の西ドイツ)がまず和解し、西ヨーロッパがひとつにまとまるというのは、是非とも必要なことであった。

1953年に公開された『ローマの休日』という映画でも、オードリー・ヘップバーン演じる「某国の王女」が、ヨーロッパ統合の動きを支持するコメントをするシーンがある。

これは、当時の米国政財界の空気を反映したものではないかと、私は見ているわけだが、日本では映画そのものは人気が高くとも、こんな短い台詞に着目する人は、まずいないようだ。

話を戻して、冷戦の時代に西ヨーロッパ諸国が復興から経済成長への道を歩むことができたのは、米国の核の傘のおかげで、軍事費の過剰な負担がなかったからである。少なくとも、米国側から見ればそうである。

それが、冷戦が終結した途端、EUという「閉鎖的な単一市場」を起ち上げ、ついにはユーロという新たな通貨まで生み出して、基軸通貨としてのドルの地位を脅かすとは……

ユーロの流通開始と前後して、こんなこともあった。

中国海軍が急ピッチで増強を続ける事態に対応すべく、時のブッシュ(父)政権は、台湾に資金援助する形で、ドイツかオランダの通常型(非原子力)潜水艦を購入させようとした。実は米国は、長きにわたって原子力潜水艦ばかり作り続けてきたため、最新の通常型潜水艦に関しては、その建造ノウハウを持っていないのである。

しかしこの構想は、兵器輸出に関するEU独自の規制をクリアできないとして、実現できずじまいであった。

その一方、EU国籍の軍需産業は、中国市場にがっちり食い込んでいる。

「恩知らずだ」という米国政財界のEU観について、これ以上くだくだしい説明は不要だろう。

したがって、ユーロが誕生した際に、当時の英国が、非常に親EU色の強い労働党ブレア政権であったにも関わらず、財政規律の曖昧さなどを理由に加盟を見送ったことについて、米国政財界が拍手を送ったところまでは、きわめて分かりやすい話である。

私に言わせれば、日本のエコノミストは、往々にしてこの「分かりやすい話」に乗せられてしまい、その裏を読もうとしない。

まず、先に紹介した、ユーロという通貨が、ドルに代わる基軸通貨の地位を狙っている、という話だが、これは米国の一方的な誤解、と言うか、ほとんど被害妄想である。たしかにユーロの流通が始まった直後、ヨーロッパ中央銀行の幹部の口から、いずれは基軸通貨に、といった言葉が聞かれたことは事実である。が、それはユーロを起ち上げた本当の目的とは無縁のものだ。

地球的規模で見れば、比較的狭い西ヨーロッパにおいて、12種類(当初のユーロ加盟国)もの通貨が用いられ、なおかつ基軸通貨はドルであった。このため、西ヨーロッパ域内での貿易で、常に為替リスクを背負わねばならず、無駄もきわめて多かった。

通貨を統一することで、こうした無駄やリスクをなくし、経済をよりダイナミックにしよう、というのがユーロ起ち上げの目的であったに過ぎない。

ではなぜ……と読者も新たな疑問を抱かれたのではあるまいか。

英国がEUから離脱するのを、どうして米国は止めようとするのか、と。実はこれも、割と分かりやすい話なのである。

EUの総人口は今や5億人を超えており、加盟国の多くが高度福祉国家だという事情もあって、世界で最も生活レベルが高い5億人である、との評価に異を唱える人はまずいない。これだけの経済規模をもつEUの混乱が拡大することは、米国経済にも深刻な影響を及ぼすに決まっている。

次回から離脱派の主張を検証して行くが、私の見解を先に開陳させていただければ、来る23日の国民投票では、

「離脱が〈誰得?〉というレベルに留まる以上、たとえ僅差でも残留派が勝つ」

というものである。

後出しジャンケンのような「解説」だけはしたくないので、実際の投票が行われる前に、その根拠については全て説明させていただくことを、ここにお約束する。

乞うご期待。

(上の続き)

林信吾(作家・ジャーナリスト)

最終更新:6/14(火) 11:00

Japan In-depth

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。